「ないそう」とは?

言葉 詳細
内争

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

内装

概要 (Wikipediaから引用)

『インテリア』より : インテリア(英: interior)とは、英語で内面を意味する単語であり、転じて、日本語で室内装飾品という意味であり、室内の装飾やそれに付随する照明、装飾家具("Decorative arts")を表す。広義のインテリアは室内を装飾する品物全般を指すが、狭義ではその中で装飾性に特化されたものだけを指す。また、インテリアは装飾品、什器そのものより、それによって飾られた室内空間という概念が強い語である。 インテリアに含まれるもの 前述した通り、インテリアとは室内装飾品のことで、室内を装飾するものが代表的である。具体例では内装材(カーテン、カーペット、壁紙、床材など)があり、そのほか窓、ブラインド、ロールカーテン、カーテンレール、家具や照明器具、ドア、間仕切りなどが含まれる。和室では和室の襖や畳表、障子、欄間などが当てはまる。  もっとも、基準が曖昧で、家電やOA機器といった電化製品なども広義ではインテリアに含まれることになるが、一般的にこれらはインテリア業界ではインテリアとして含まないことが多い。

内層

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

内奏

概要 (Wikipediaから引用)

内奏(ないそう)は天皇に対して国務大臣などが国政の報告を行うことである。 大日本帝国憲法下では、天皇は統治権の総攬者であったため、内奏は非常に重要な意味を持っていた。 日本国憲法が施行され、天皇が象徴となった現在、内閣は天皇に対しての責務を負っていないため、内奏を行う必要性はない。しかし、芦田内閣時に内奏について内閣総理大臣によるもののみとし閣僚によるものを廃止したが、第2次吉田内閣で閣僚による内奏が復活し、現在においても首相をはじめとした閣僚による内奏は不定期ながら行われている。政府は内奏について「天皇の教養を高めるために閣僚が所管事項の説明を行う」としている。 また、内奏に近い国政報告として、高級官僚(各省の事務次官や局長)や学者による「進講」がある(進講とは、天皇や貴人の前で学問の講義をすること)。 天皇の政治利用を避けるため、内奏や進講の内容については明かさないことが慣行となっており、口外することは重大なタブーとされる。以下に主な事例を挙げる(肩書きはいずれも当時のもの)。 1973年5月、増原惠吉防衛庁長官が防衛問題に関する内奏を漏らし、長官辞任に追い込まれた(増原内奏問題)。