「ないぞう」とは?

言葉 詳細
内臓

概要 (Wikipediaから引用)

『器官』より : 器官(きかん、organ)とは、生物のうち、動物や植物などの多細胞生物の体を構成する単位で、形態的に周囲と区別され、それ全体としてひとまとまりの機能を担うもののこと。生体内の構造の単位としては、多数の細胞が集まって組織を構成し、複数の組織が集まって器官を構成している。 細胞内にあって、細胞を構成する機能単位は、細胞小器官 (細胞内小器官、小器官、オルガネラ) を参照。 植物の器官 植物の器官には、下記のようなものがある。 根 茎 葉 花 種子 動物の器官 動物の器官は、臓器(ぞうき)とも呼ばれる。内臓はより狭い概念で、体の内部に位置するものだけを指した呼び方。 同じような機能をもった器官や、全体として一連の機能を担う器官を、器官系としてまとめて考えることがある。一つの器官が複数の働きを持っているときには、複数の器官系に属することもある。器官系には、 消化器系 - 消化管 循環器系 呼吸器系 - 発声器官 泌尿器系 生殖器系 内分泌器系 感覚器系 神経系 運動器系 - 骨、関節、靭帯、筋肉などがある。

内蔵

概要 (Wikipediaから引用)

内蔵(うちくら) 三蔵(内蔵・大蔵・斎蔵)の一。うちのくら、うちつくらとも。古代に朝廷の官物を収めた蔵。律令制での内蔵寮(くらのつかさ)。 住居から出入りできるように接して設けられた土蔵。内蔵(うちぐら) 秋田県増田町(現横手市)にある母屋の中にある土蔵のこと。内蔵(ないぞう) あるものが内部に別のものを納め持っていること。「内蔵タイマー」など。