「ながほ」とは?

言葉 詳細
長保

概要 (Wikipediaから引用)

長保(ちょうほう)は、日本の元号の一つ。長徳の後、寛弘の前。999年から1003年までの期間を指す。この時代の天皇は一条天皇。 改元 長徳5年1月13日(ユリウス暦999年2月1日) 改元 長保6年7月20日(ユリウス暦1004年8月8日) 寛弘に改元 出典 『国語』(周語上)の「乃二以可長保廈民矣」。 長保期におきた出来事 長保2年(1000年)2月25日 藤原定子と藤原彰子がそれぞれ皇后と中宮に冊立され、前代未聞の「一帝二后」が実現した。 長保3年(1001年) 12月、大和国の百姓、愁状を提出する。 長保5年(1003年) 11月、宇佐八幡宮神人ら、大宰府権帥平惟仲の苛政を訴える。 西暦との対照表 ※は小の月を示す。 関連項目 ==。

長穂

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。