「なぞ」とは?

言葉 詳細
なぞ

概要 (Wikipediaから引用)

『ぷよぷよ』より : 『なぞぷよ』は落ち物パズルゲーム『ぷよぷよ』のゲームモードの一つ、または単独のゲームシリーズ。元々はゲームモード「なぞなぞぷよぷよ」の略。 1998年3月にコンパイルが経営破綻により和議申請を行った際、『ぷよぷよ』シリーズ本編と同じく、知的財産権がセガ(後のセガホールディングス)に売却されている。 「なぞぷよ」は『ぷよぷよ』の詰め将棋とも言えるモードである。「○連鎖すべし」、「○匹のぷよ同時に消すべし」、「○色のぷよを全て消すべし」といった問題が与えられ、予めフィールドに置かれたぷよぷよと指定された組ぷよでこれを達成するようにぷよぷよを組み上げて消すのが目的である。 もともとは「MISSION」や「なぞなぞぷよぷよ」などの名前で収録された『ぷよぷよ』のゲームモードの1つという扱いであったが、その後『なぞぷよ』として単独で独立させた作品が数作発売された。 特殊なルール 通常の『ぷよぷよ』とは異なり、『なぞぷよ』ではほとんどの問題において最初からフィールドにぷよぷよが配置されている。

概要 (Wikipediaから引用)

謎(なぞ)とは、 物事が不可思議なこと。 言葉遊びを用いたクイズの一つ。→なぞなぞ 小松未歩によるシングル。→謎 (曲) 小松未歩によるアルバム。→謎 (アルバム)。

ナゾ

概要 (Wikipediaから引用)

ナゾラーランドは、1987年から1988年にかけてサン電子が発売したファミリーコンピュータ ディスクシステム用のディスクマガジン。正式名称は『謎のマガジンディスク ナゾラーランド』で、世界文化社・パズラー編集部との共同製作で第3号まで発売された。 毎号、ミニゲーム(主にパズル・アドベンチャー・クイズ)が複数収録されている他、雑誌らしくおたよりコーナーなども設けられていた。イメージキャラクターはなんきん画。 創刊号 以下の8タイトルが収録されている。 回転迷路ドアマンT字型の回転ドアで各所を仕切られた迷路を、ドアを上手く開閉しながら進み、5階のゴールを目指す。ナゾラー占い隠された4つの星座の記号を順番に当てて行くパズルゲーム。試行錯誤と、失敗する毎に出るヒントからの推理で解いてゆく。正解すると、それまでにかかった回数に応じて、その日の運勢が発表される。スーパージグソー11×14ピースのジグソーパズルを、任意の2つのピースの入れ替えを駆使しつつ組み立てる。

なぞる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

何ぞ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。