「なぞなぞ」とは?

言葉 詳細
謎謎

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

なぞなぞ

概要 (Wikipediaから引用)

なぞなぞ(謎謎、なぞ)は、問いかけに対して、とんちを利かせた答えを要求する言葉遊びを用いたクイズである。ただし普通のクイズとは違って正解は事実に基づくものではなく、言葉の意味をこじつけた駄洒落・洒落が多い。韻を踏んでいたり、何かにたとえられたりする。転じて、言葉によって婉曲的にわからせる事についてもなぞなぞという。 日本で最初になぞなぞを始めたとされるのは、嵯峨天皇の「『子子子子子子子子子子子子』を読め」と言われている。しかし、それ以前からも古くから上流階級の間で和歌などを題材とした一種の言葉遊び(パズル)のような形式のなぞなぞが作られており、戦国時代の後奈良天皇の御製による『後奈良天皇御撰何曽』が残されている。現代の日本では、最後の「何だ」という文句を「なーーんだ」と節をつけて歌うように語る事が多い。 スフィンクスのなぞなぞ(ギリシャ神話より) フェキオン山のスフィンクスが通りかかる人間に問いかけたという「朝は四本足、昼は二本足、夕は三本足。

謎々

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。