「に」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

尼(あま)、または尼僧(にそう)とは、20歳以上の未婚、もしくは結婚経験があっても沙弥尼(しゃみに)の期間を経て出家した女性のこと。比丘尼(びくに)とも呼ばれる。キリスト教の修道女も尼と称することがある。 女性が髪を肩のあたりで切ることやその髪型を尼削ぎ(あまそぎ)というが、そのような髪形の童女を尼という場合がある。また近世以降少女または女性をいやしめて呼ぶときにも尼という語を用いた。 尼の語源 尼の語源は、サンスクリット語の「善良な女性」を意味するambaaの俗語形の音写ではないかと考えられる。本来は比丘尼 (サンスクリット:bhikSuNii) のことであり、男子の出家修行者(比丘=びく)に対して、女性の出家修行者をいう。 伝承では、最初の比丘尼は釈迦の養母の摩訶波闍波提 (まかはじゃはだい、mahaaprajaapatii)と500人の釈迦族の女性たちであった。釈迦ははじめ女性の出家を許さなかったが、彼女たちの熱意と阿難(あなん、アーナンダ)のとりなしによって、比丘を敬い、罵謗したりしないなど8つの事項を守ることを条件に、女性の出家を認めたという。

2

概要 (Wikipediaから引用)

『2ちゃんねる』より : 2ちゃんねる(にちゃんねる)は、日本屈指のアクセス数を持つ電子掲示板群である。2ちゃんや2chなどと略される。西村博之(通称「ひろゆき」)主宰の下、削除人などで構成される運営陣によって管理されている。2ちゃんねるは電子掲示板の集合体である。カテゴリと呼ばれる「ニュース」「食文化」「学問・文系/理系」「ネット関係」などの大きな分野単位で区切られ、さらにその中で「ニュース速報+」「起業・ベンチャー」「理系全般」「心理学」「漫画」などの各分野ごとに板(「いた」または「ばん」)と呼ばれるジャンルに分けられている。そして各板にはその分野に属する話題ごとに細分化されたスレッドが存在しており、そこに送信された文章をレスと呼ぶ。

概要 (Wikipediaから引用)

『2』より : 2(二、に、じ、ふた、ふたつ)は、自然数、また整数において、1 の次で 3 の前の数である。英語の序数詞では、2nd、second となる。ラテン語では duo(ドゥオ)。 性質 最小の素数。偶数中、唯一の素数。次の素数は 3。 約数の和は 3。約数の和が奇数になる2番目の数である。ひとつ前は1、次は4。 約数の和が素数になる最小の数である。次は4。 約数の和と元の数との積が完全数になる最小の数である。次は4。(参照オンライン整数列大辞典の数列 A064987) 素数では唯一の高度合成数。1つ前は 1、次は 4。また、高度合成数のうち不足数であるのは 2 と 4 のみ。 2番目の高度トーティエント数。1つ前は 1、次は 4。 2 の倍数を偶数といい、偶数は「半分にしても整数である」性質を持つ。 2の冪乗の基数で、21。次は 4。 3番目のフィボナッチ数。1つ前は 1、次は 3。 最小の矩形数。次は 6。フィボナッチ数のうち矩形数でもある数は 2 のみである。 2番目のベル数である。1つ前は 1、次は 5。 2番目のカタラン数である。1つ前は 1、次は 5。

概要 (Wikipediaから引用)

丹(たん、に、あか) 辰砂 - 硫化水銀からなる赤色の鉱物。 仙丹 - 霊力のある薬。 丹色 - 赤・朱系の色。 赤土 - 赤みがかった土壌。 燕太子丹 - 中国戦国時代・燕の太子。 地理 丹波国 丹後国 伊丹市 丹生郡 丹南。

概要 (Wikipediaから引用)

File:Yū-pack flag.jpg thumb 260px ゆうパック(旧称:一般小包郵便物) ゆうパックの幟。静岡県島田市内にて。荷物(にもつ)は、郵便サービスの一つで、小口荷物の宅配サービス。旧日本郵政公社以前は小包郵便物と呼ばれていた。2007年の郵政民営化と同時に小包郵便物は、制度上、郵便物から宅配便貨物となったため、「小包」という総称は国内物流に限っては制度として使用されなくなり、制度上は荷物という語が使われるようになった。しかし小包という名称は一般に広く認知されているため、現在も小包と呼ばれることがほとんどである。本項では、郵便事業(日本郵便)が提供する旧小包郵便物の後継サービスについて記述する。郵便制度の始まった明治初期以来、旧日本国有鉄道 国鉄の鉄道小荷物(チッキ)とともに、小口荷物輸送サービスの主役であったが、1976年に登場したヤマト運輸の宅急便をはじめとする民間宅配便サービスにシェア(市場占有率)を奪われた。

似る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

煮る

概要 (Wikipediaから引用)

煮る(にる)とは、水などの液体を加熱して沸騰させる事。 調理法の一つでもあり、水(調味料を入れたり出汁を使用する場合も)に食材を入れて加熱する。この調理法で作った料理を「煮物」とも呼び、加熱した食材だけでなく加熱に利用した液体(つゆ、汁)も利用する場合がある。 煮物 煮て調理された料理は『煮物』(他、鍋料理など)とも呼ばれる。食材への更なる食味浸透を目的に、時間をかけて煮ることを煮込む(にこむ)と呼ぶ。蒸発を目的として煮る調理法を煮切る(にきる)と呼ぶ。 中国江西省の洞窟遺跡で世界最古と思われる2万年前の土器が見つかっており、北海道の大正遺跡群の調査によって土器が最初に料理に使われたのは1万4000年前であるとされている。 オランダ・フローニンゲン大学のピーター・ジョーダン博士らの合同研究チームの研究によって、1万4000年前の土器から、サケ・マス類を煮炊きした痕跡が見つかっている。 煮物にはさまざまな種類がある。一般的な日本料理の煮物は、だしに加え、醤油、日本酒、みりん、砂糖や味噌、塩、しょうが汁、油などを味付けとして使う。

にる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

に、ニは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第5行第2段(な行い段)に位置する。清音でありながら子音は有声子音であり、濁音や半濁音は持たない。 現代標準語の音韻: な行の他の字の子音、歯茎に舌をつけて発音する鼻音[n]が母音[i]に引かれて口蓋化し、硬口蓋に舌が近づいて発音される。国際音声記号では[nʲ]と記述できるが、硬口蓋に舌をくっつけて発音される硬口蓋鼻音[ɲ]で表されることもある。ただし、依然として歯茎に舌が密着しており、調音位置は硬口蓋ではなく歯茎であるので、その場合、国際音声記号と同じ使い方ではない。 五十音順: 第22位のかな いろは順: 第4位。「は」の次。「ほ」の前。 平仮名「に」の字形: 「仁」の草体 片仮名「ニ」の字形: 「二」の変化 ローマ字: ni 点字: 「に」の点字 通話表: 「日本のニ」 モールス信号: -・-・ 手旗信号:650px 発音:Japanese ni.ogg に に に関わる諸事項 平仮名の「に」はや行えの平仮名に使われた変体仮名「20px」に字形が似ているが、全くの別字である。