「にいかっぷ」とは?

言葉 詳細
新冠

概要 (Wikipediaから引用)

新冠町(にいかっぷちょう)は、北海道の日高振興局中部にある町。日本有数の軽種馬産地として栄えている。近年はレコードと音楽による街づくりを進めている。町内にある「新冠レ・コード館」には、60万枚を超えるレコードが所蔵されている。 町名の由来は、アイヌ語の「ニカプ」(ニレの木の皮)から。 地理 日高振興局沿岸中部に位置する。北部は日高山脈に由来する山岳地帯。 南部は太平洋に面する。気候は北海道内では温暖で、積雪も少ない。 山: 幌尻岳(2053)、戸蔦別岳(1959)、神威岳(1756)、イドンナップ岳(1752)、エサオマントッタベツ岳(1902) 湖沼: 新冠湖、幌尻湖 河川: 新冠川、厚別川 ダム: 奥新冠ダム、新冠ダム、下新冠ダム、岩清水ダム 隣接している自治体 日高振興局 沙流郡:日高町、平取町 日高郡:新ひだか町 十勝総合振興局 帯広市 河西郡:中札内村 人口 沿革 1881年(明治14年) 新冠郡高江村外10ケ村戸長役場が設置される 1923年(大正12年) 新冠郡高江村、大狩部村(おおかりべ)、葉朽村(はくち)、受乞村(うけこい)、元神部村(もとかんべ)、比宇村(ひう)、泊津村(はくつ)、去童村(さるわらんべ)、姉去村(あねさる)、万揃村(まんそろえ)、滑若村(なめわか)を合併、新冠郡高江村。