「にいがたけんりつしばたのうぎょうこうとうがっこう」とは?

言葉 詳細
新潟県立新発田農業高等学校

概要 (Wikipediaから引用)

新潟県立新発田農業高等学校(にいがたけんりつ しばたのうぎょうこうとうがっこう)は、新潟県新発田市大栄町六丁目にある県立高等学校。通称「芝農(しばのう)」。 沿革 1911年4月1日 - 北蒲原郡立新発田農学校として開校。 1921年4月1日 - 県立へ移管され、新潟県立新発田農学校と改称。 1948年4月1日 - 学制改革により新潟県立新発田農業高等学校となる。 1949年4月1日 - 定時制設置により、中心校・紫雲寺分校・木崎分校を設置。 1951年7月 - 本館・図書館・農業実験実習施設・定時制教室等を増改築する(1955年頃まで)。 1961年8月 - 第43回全国高等学校野球選手権大会に出場(北越地区代表)。 1964年1月 - 新発田市川東地区に長峰農場を設置。以降10年以上を掛けて管理棟・豚舎・実習室等が増設。 1976年3月31日 - 定時制中心校閉校。 1980年8月 - 第62回全国高等学校野球選手権大会に出場。 1981年8月 - 第63回全国高等学校野球選手権大会に出場。広島商・東海大甲府を連破し、新潟県勢として初めて夏の1大会で2勝を挙げる。