「にいがたこうかだいがく」とは?

言葉 詳細
新潟工科大学

概要 (Wikipediaから引用)

新潟工科大学(にいがたこうかだいがく、英語: Niigata Institue of Technology)は、新潟県柏崎市藤橋1719に本部を置く日本の私立大学である。1995年に設置された。 新潟工科大学は「優秀な技術者を育成する場を自らの手で作りたい」という想いを持つ企業が集まり、「新潟工科大学設立同盟会」が設立されたことに始まる。この熱い想いに応えた、企業・県・市町村そして一般市民の寄附により設立された。開学後は「設立同盟会」を発展的に解散し、組織を新たに誕生した「新潟工科大学産学交流会」がその意志を引き継ぎ、大学をさまざまな形で支援している。新潟工科大学はこうした期待に応えるため、ものづくりの知識と技術を身に付けた技術者を育成し、地域の発展に貢献する人材を輩出することを目指している。 建学の精神 「ものづくりの視点を重視した工学教育を通じて、未知の分野に果敢に挑戦する創造性豊かな人材を育成する。」 沿革 1990年(平成 2年) 9月 - 新潟工科大学設立同盟会設立 1992年(平成 4年)12月 - 財団法人新潟工科大学設立準備財団設立 1993年(平成 5年)12月 - 新潟工科大学建設工事着工 1995年(平成 7年) 4月 - 新潟工科大学開学 【工学部】 機械制御システム工学科 情報電子工学科 物質生物システム工学科 建築学科 1998年(平成10年)10月 - 地域産学交流センター開設 1999年(平成11年) 4月 - 大学院修士設置 【工学研究科】 高度生産システム工学専攻 自然・社会環境システム工学専攻 2001年(平成13年) 4月 - 大学院博士後期課程設置 【工学研究科】 生産開発工学専攻 2007年(平成19年) 4月 - 学習支援センター(現 教育センター)開設 2008年(平成20年) 4月 - 物質生物システム工学科を環境科学科へ改組 2009年(平成21年) 5月 - 柏崎市、新潟産業大学と連携協定締結 2009年(平成21年) 9月 - エコアクション21認証取得(県内大学初) 2009年(平成21年)11月 - 上越市と「ものづくり支援パートナー協定」締結 2009年(平成21年)12月 - 原子力耐震・構造研究拠点発足 2012年(平成24年) 4月 - 博士前期課程2専攻を1専攻に改組 【工学研究科】 生産開発工学専攻 2012年(平成24年)11月 - 滋養・薬効研究センター開設 2013年(平成25年) 4月 - キャリアセンター、原子力安全・安心創造センター開設 2015年(平成27年) 4月 - 工学部4学科を工学科へ改組。