「ぬ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

ぬ、ヌは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第5行第3段(な行う段)に位置する。清音でありながら子音は有声子音であり、濁音や半濁音は持たない。 現代標準語の音韻: 上歯茎に舌をつけて発音する鼻音である有声子音/n/と、母音うからなる。 五十音順: 第23位。 いろは順: 第10位。「り」の次。「る」の前。 平仮名「ぬ」の字形: 「奴」の草体 片仮名「ヌ」の字形: 「奴」の旁 ローマ字: nu 点字: 「ぬ」の点字 通話表: 「沼津のヌ」 モールス信号: ・・・・ 手旗信号:9→450px50px 発音:Japanese nu.ogg ぬ ぬ に関わる諸事項 「ぬ」は、日本語の古語において完了あるいは否定を表す。

ぬる

概要 (Wikipediaから引用)

ぬるぽ(ヌルポ、NULLPO)は、プログラミング言語であるJavaにおいて、処理に異常が発生したとき(例外)に表示されるメッセージのひとつである java.lang.NullPointerException(またはNullPointerAssignment)の略語。匿名掲示板2ちゃんねるのプログラマー板が発祥とされる。 起源については2ch.net上のぬるぽが起源という説や、IRC上などでプログラマーの間で既に広まっていた呼称が2ch.netへ投稿されたものという説、オンラインゲーム上での流行が2chに伝播した、など諸説ある。2ちゃんねる用語辞典である『2典』には「プログラマー板で「NullPointerExceptionのことを「ぬるぽ」と呼ぼうぜ!」と言われたのが始まり」とある。 本来の意味で使われることは少なく、単にその場を茶化したいときなどに意味も無く書かれることが多い。また、NullPointerExceptionはJavaによるプログラミングでのバグにより実行時にエラーとして見かけることが多いため、「良くないこと」「あってはいけないこと」の揶揄として使われることも多い。

塗る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。