「ぬあくしょっと」とは?

言葉 詳細
ヌアクショット

概要 (Wikipediaから引用)

ヌアクショット(アラビア語:انواكشوط、フランス語:Nouakchott)は、西アフリカ、モーリタニア・イスラム共和国の首都であり、サハラ砂漠最大の都市である。大西洋岸に位置する。 植民地時代のモーリタニアは、セネガルに首都をおくフランス領西アフリカの一部であった。このため植民地時代には、現在のモーリタニア領内に首都がおかれることはなかった。1957年に、それまではほとんど人口のなかった大西洋岸の漁港を選び、1万5千人を目標に人口を増やす計画が始まった。これは将来のモーリタニアの首都となるべく都市を準備するための計画であった。1958年にモーリタニアはフランス統治下の自治権をもつ地域となった。1960年11月28日にはヌアクショットでのモーリタニアの独立宣言がなされ、 1962年以降、独立したモーリタニアの首都となり現在に至る。 1958年以前のヌアクショットにはほとんど特筆すべきことがないが、11世紀にモロッコに成立したベルベル人の王朝アルモラビデス朝の起源は、ヌアクショット周辺だった可能性が指摘される。