「ぬかじゅうたくまえ」とは?

言葉 詳細
額住宅前

概要 (Wikipediaから引用)

額住宅前駅(ぬかじゅうたくまええき)は、石川県金沢市額新町1丁目にある、北陸鉄道石川線の駅。 駅構造 島式1面2線のホームを持つ地上駅である。交換可能駅であり、ほとんどの電車は当駅で交換する。駅舎からホームへは、構内踏切を利用する。 かつては有人駅で新西金沢と共に簡易委託駅であったが、2011年4月1日より無人化された。 駅周辺 石川県営額住宅 額温泉(銭湯) 額ショッピングセンター(商店街) 駅前にコの字型での集合商店街で内側に通路があった。書店、金物店、米屋、靴、電化製品、酒、化粧品、洋服、駄菓子屋、精肉店、交番(後に大額へ移転)などが見られたが、次第に衰え、建物の約半分が取り壊されて跡地は住宅となっている。駅側からは住宅しか見えないが、反対側からは残りの建物が一部確認できる。(2013年秋に交番跡部分は解体された)現在では一部店舗が営業を続けているが、内側通路は事実上消滅しており、外側からしか入店できない。また取り壊しの跡地に出店している所もある。 1980年代後半には駅側左入口の店舗がほぼ閉店状態となり、閑散となる。