「ね」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

数学:変数 (数学) 変数、数などを参照。 値 (情報工学)af:Waardear:قيمة (توضيح)cs:Hodnotaes:Valor (desambiguación)he:ערךit:Valoreko:가치no:Verdipl:Wartośćpt:Valorro:Valoaresk:Hodnotasv:Värdevi:Giá trị

概要 (Wikipediaから引用)

ぬ、ヌは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第5行第3段(な行う段)に位置する。清音でありながら子音は有声子音であり、濁音や半濁音は持たない。 現代標準語の音韻: 上歯茎に舌をつけて発音する鼻音である有声子音/n/と、母音うからなる。 五十音順: 第23位。 いろは順: 第10位。「り」の次。「る」の前。 平仮名「ぬ」の字形: 「奴」の草体 片仮名「ヌ」の字形: 「奴」の旁 ローマ字: nu 点字: 「ぬ」の点字 通話表: 「沼津のヌ」 モールス信号: ・・・・ 手旗信号:9→450px50px 発音:Japanese nu.ogg ぬ ぬ に関わる諸事項 「ぬ」は、日本語の古語において完了あるいは否定を表す。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

根(ね)とは、植物の器官の1つである。地中・水中に伸び、水分や養分を吸収したり、呼吸したり、植物体を支える機能を持つ。 根は植物の体を基盤に固定し、支持し、またそこから成分を吸収する構造である。より厳密には、維管束植物の地下部分であり、茎から出て地中に伸びる棒状で放射相称の構造である。真の根は維管束植物の持つ独自の構造であり、それ以外の群ではみられない。 根の基本的な構造は、少なくとも種子植物では分類群にかかわらず大差がない。これは主として地中器官であり、その必要とされる機能がほとんどの群で違いが見られないために、進化による変化の速度が遅いのだとされる。 根は茎の下方向の延長としてある場合と、茎および根の側枝として出る場合がある。 根の表面からは根毛(こんもう)と呼ばれる、ごく細かい毛状の突出物が出る。生えている草を引き抜いても見えにくいが、ガーゼの上などで栽培するとよく見える。これは、根の表層の細胞から生じる突起で、水や栄養の吸収面積を大きくする役割がある。 なお、菌根菌との共生が行われる部分でもある。 茎との区別 茎は内部に放射相性に配列した維管束を持ち、先端成長を行う先端を持つ点で、根とよく似ている。

概要 (Wikipediaから引用)

ここでは音(おと)について解説する。 音とは、辞典・辞書類には次のように解説されている。 物の響きや人や鳥獣の声 (物体の振動が空気などの振動(音波)として伝わって起す)聴覚の内容 またはそのもととなる音波。心理学的には聴覚的感覚を「音」と呼ぶため周波数が人間の可聴域にあるもののみを指す。物理学的には音波そのものを音と呼び超音波や低周波音も含める(#聴覚の内容、#物理学における音:音波の節をそれぞれ参照)。 音は楽音と騒音に分けることができる。→#聴覚の内容 音楽的には楽音と噪音にわけられる(#音楽における音の種類の節を参照)。 音の類語に、音響(おんきょう)がある。 聴覚の内容 音は「聴覚の内容」、聴覚によって感覚される内容(感覚の内容)である。 百科事典では、音は楽音と騒音に分けることができる、とされている。 百科事典の説明では次のように説明してある。 「楽音」とは、楽器の音のように規則正しくて 一定の周期で続く音 「騒音」とは、不規則な振動、あるいは互いに無関係な周期の振動が同時に起こっている音楽音の場合は(あくまで楽音の場合の話)、音の「強さ」「高さ」「音色」が聞き分けられる(一般的に言えば、聞き分けられる人が多い、ということ)。

概要 (Wikipediaから引用)

『ブルートレイン (日本)』より : 寝台列車(しんだいれっしゃ)とは、夜行列車のうち寝台車を主体とした列車を指す。 日本の寝台列車 1960年代に発行された日本交通公社の『時刻表』では、「寝台車を主体にして、全部の車両が指定制の列車」と定義していた。同時刻表は1963年7月号まで「寝台専用列車」の表記を用い、8月号から「寝台列車」に変更されている。したがって、自由席を含む座席車が主体で、編成内に少数の寝台車が含まれる「津軽」などは「寝台列車」とされなかった。 「寝台特急」は、「寝台列車」のうちの特急列車であり、20系客車以降の固定編成客車による「ブルートレイン」や、285系電車による寝台列車がある。 日本における歴史 寝台専用列車以前 かつて大量の寝台車が存在し、"all-Pullman"と呼ばれる寝台専用列車が多数存在したアメリカを例外とすれば、世界各国の鉄道で長距離を運行する夜行列車は、優等客と大衆乗客のいずれのニーズにも応じることを目的として、寝台車と一般座席車の混結編成を組むことが普通だった。

練る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ねる

概要 (Wikipediaから引用)

『ねるとん紅鯨団』(ねるとんべにくじらだん)は、フジテレビ系列ほかで放送されていた関西テレビ・IVSテレビ制作共同製作のバラエティ番組である。関西テレビやフジテレビでは1987年10月3日から1994年12月24日まで、毎週土曜 23:00 - 23:30 (日本標準時)に放送。司会はとんねるず。構成・ゼネラルディレクターは伊藤輝夫(現・テリー伊藤)。 番組タイトルは、前番組『上海紅鯨団が行く』(司会:片岡鶴太郎)のタイトルにあった「紅鯨団」と、とんねるずの倒語である「ねるとん」を組み合わせたものである。 放送開始から20回ほどは『上海紅鯨団が行く』の内容を引き継ぎ、毎回企画テーマが変わっていたが、とんねるずが司会をする集団見合い企画が好評だったため、途中から集団お見合い番組となった。爆発的な大ヒット番組となり、番組全体の平均視聴率17.3%、最高平均視聴率24.7%(1989年3月4日)と土曜深夜枠ながら常に高視聴率をマーク。

寝る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

錬る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

煉る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

ネは、 片仮名のひとつ、ね ネ。 ナポレオン戦争期に活躍したフランスの軍人、ミシェル・ネイ。 イタリアのコムーネ、ネ (コムーネ)。

概要 (Wikipediaから引用)

ね、ネは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第5行第4段(な行え段)に位置する。清音でありながら子音は有声子音であり、濁音や半濁音は持たない。 現代標準語の音韻: 上歯茎に舌をつけて発音する鼻音である有声子音/n/と、母音えから成る。 五十音順: 第24位のかな いろは順: 第20位。「つ」の次。「な」の前。 平仮名「ね」の字形: 「祢」(禰)の草体 片仮名「ネ」の字形: 「祢」(禰)の扁(示部) ローマ字: ne 点字: 「ね」の点字 通話表: 「ねずみのネ」 モールス信号: --・- 手旗信号:9→2→150px50px50px 発音:Japanese ne.ogg ね ね に関わる諸事項 十二支の最初(子)。