「ねい」とは?

言葉 詳細
根井

概要 (Wikipediaから引用)

根井 正利(ねい まさとし、1931年1月2日 - )は日本の集団遺伝学者・進化生物学者。ペンシルベニア州立大学教授・同大学分子進化遺伝学研究所所長。日本遺伝学会、日本人類遺伝学会名誉会員。最先端の分子生物学の知識を考慮しつつ、単独または学生との共同研究により分子進化の分野での新しい統計的理論を開発してきた。それとともに、進化理論に関するいくつかの新しい概念を提唱した。遺伝子間に相互作用がある場合、自然選択は常に遺伝子座の連鎖を強めるか、または同じ遺伝的連鎖 連鎖関係を維持する傾向のあることを最初に数学的に証明した[1]。そして、ゲノムあたりの平均組換え率は、ふつう下等な生物よりも高等生物で低いことを発見し、これは自然選択が相互作用のある遺伝子間の遺伝的連鎖 連鎖を強くすることによるという提案を行った[2]。Hox遺伝子、免疫グロブリン遺伝子、ヒストン遺伝子など相互作用をもつ多くの遺伝子は長期間にわたって遺伝子クラスターとして存在することが最近の分子データからわかっている。これも相互作用をもつ遺伝子間の連鎖の維持の法則によって説明することができる。有害な突然変異は、ロナルド・フィッシャー R. A. フィッシャーの理論とは異なって、集団の大きさが有限である場合、Y染色体や重複遺伝子に多く蓄積することを証明した[3, 4]。1969年には、アミノ酸置換、遺伝子重複、遺伝子機能の消失の速度を考慮して、高等生物は多くの重複遺伝子と機能を持たない遺伝子(現在では偽遺伝子とよばれる)をもつことを予測した[5]。この予測は長い間忘れられていたが、1980-2000年になって多くの多重遺伝子族や偽遺伝子が発見され、その正しさが証明された。1970年代初めには、新たな遺伝距離の尺度(根井の距離)を考案し、集団や近縁種の進化的関係の研究の用いることを提唱した[6]。この距離尺度は、分子集団遺伝学と分子生態学の分野ではいまでも広く用いられている。後に、系統樹のトポロジーを得るのに適した、DA距離という遺伝距離尺度も考案した[7]。また、GST尺度を用いてどのような交配様式でも集団分化の程度を計ることのできる統計量を考案した[8]。1975年、共同研究者とともに、集団のびん首効果による遺伝的変異の数式化を行い、びん首効果の生物学的意味を明らかにした[9]。また、1979年、制限酵素を用いた遺伝的変異の研究に用いられる数学的理論を考案した[10]。Takeo Maruyama (丸山毅夫)とChung-I Wuとの共同研究で、2つの隔離集団の遺伝子間の不適合性のさまざまなモデルを用いて種分化の進化理論を考案した[11]。このモデルにはまだ異論があるが、”cis”-調節エレメントと転写因子の共進化に当てはまると考えられる。

婦負

概要 (Wikipediaから引用)

婦負郡(ねいぐん、めひのこおり)は富山県(越中国)にあった郡。 郡域 1878年(明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、おおむね以下の区域に相当する。 富山市(草島・金山新・金山新中・金山新東・金山新西・金山新南・金山新北・羽根・高田・中老田・東老田および八尾町西神通の一部を除く神通川以西、富山市街の一部) 射水市(土代・山本・小杉北野・山本新・椎土・海老江練合・本江針山新)上記の例外となっている区域のうち、富山市街の一部以外は後に当郡の所属となっている。また、富山市の一部(大字須原・葛原・長川原・小羽・下伏・土・根上)は後に上新川郡に所属した。 歴史はかなり古く、弥生時代の遺跡や古墳時代中期の四隅突出型墳丘墓が発掘されている。婦負は、もと売比(めひ)と書いた。地名の由来について、姉倉比賣神社(延喜式内社)に由来するという説や、鵜坂神社(延喜式内社)の祭神である鵜坂姉比咩神(うさかねひめのかみ)・鵜坂妻比咩神(うさかめひめのかみ)に由来するとする説、杉原神社(延喜式内社)のある杉原野開拓伝承に、沼に落ちた女神を男神が背負って助けた(婦を負う)という史話がある。

ねぐ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ねいる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

寝入る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

祈ぐ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。