「ねいち」とは?

言葉 詳細
根市

概要 (Wikipediaから引用)

根市 寛貴(ねいち ひろたか、1982年10月21日 - )は、青森県出身の元プロ野球選手(投手)。 来歴・人物 高校3年時の2000年、夏の甲子園に出場。2回戦10-8丹原、3回戦4-3九州学院、準々決勝戦2-1樟南と勝ち進み、青森県勢として1969年三沢高校以来のベスト4に進出。準決勝で、優勝した智弁和歌山に5-7と敗退、惜しくも決勝戦進出はならなかった。大会中は背番号「3」で投手兼外野手を務めており、打順は5番、準々決勝以外はリリーフでの登板だった。 同2000年のドラフト会議で読売ジャイアンツに4位指名を受け、入団。2004年、三澤興一とのトレードで大阪近鉄バファローズに移籍。 2004年オフ、近鉄から戦力外通告を受けるが、新設された東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍。楽天創設時の唯一の東北出身選手となる。 2006年シーズン終了後、引退を決意(2006年10月13日付けで任意引退選手となった)。球団は育成選手としての契約を持ちかけたが、本人の意思は変わらなかった。8月27日の青森県営野球場での二軍・対ロッテ戦が青森での現役最後の登板となった。