「ねいろ」とは?

言葉 詳細
音色

概要 (Wikipediaから引用)

音色(ねいろ)とは、音の質を表現するために用いられる用語である。音高や音圧が同じであっても音色の異なる音は異なる聞こえ方をする。 JISでは「聴覚に関する音の属性の一つで,物理的に異なる二つの音が,たとえ同じ音の大きさ及び高さであっても異なった感じに聞こえるとき,その相違に対応する属性。」と定義されている。 音響学的には、音の波形の違いが音色である。 音の波形をフーリエ変換すると、周波数成分に分解できる。これを音のスペクトルと呼び、スペクトル(すなわち音を構成する周波数とその強度の分布)の違いが、様々な音色の違いとして聞かれる。各周波数成分のうち、最も周波数の低いものを基音、それ以外を上音と呼ぶ。すなわち、上音の構成の違いが、音色の違いである。 上音の周波数が基音の周波数の倍数であればそれを倍音と呼ぶ。音楽に多く使われる人声や弦楽器、管楽器の音は主に基音と倍音から成り立っている(このような音を楽音と呼ぶ)ので、そのような場合には、倍音のそれぞれの強度の比が音色を決定すると言うことができる。

ねいる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

寝入る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。