「ねぇ」とは?

言葉 詳細
ない

概要 (Wikipediaから引用)

タイトル ないしょのプリンセス ジャンル 少女漫画 作者 水沢めぐみ 出版社 集英社 掲載誌 りぼん レーベル りぼんマスコットコミックス 開始 1995年4月号 終了 1996年8月号 巻数 全4巻 その他 ないしょのプリンセスは、水沢めぐみによる少女漫画作品。漫画は「りぼん」(集英社)に1995年4月号~1996年8月号まで連載された。水沢はコミックス第4巻でこの作品について、自分の作品は男の子と女の子が両思いになると終わってしまうものばかりだったので、その後を描きたかったと述べている。また、もっと明るい喜劇 コメディ風にしたかったのにシリアスになってしまって困ったとも述べている。同じ幼稚園に通う幼稚園児の鈴木奏と柴田航生は、家も社宅の隣同士で大の仲良しだったが、母親同士の仲が非常に悪く、奏は母親から「航生君と仲良くしちゃだめ」と言われており、航生も母親から「奏ちゃんと遊んじゃだめ」と言われていた。それでも二人は母親の居ないところで仲良く遊ぶ日々だったが、奏が6歳の時に航生が北海道に引っ越してしまう。奏は航生を忘れられず手紙を書いて出したりもしたが、母親同士の仲が悪い為か、航生とは一度も連絡は取れなかった。そして7年が経ち、奏は成英大附属中学2年生になる。始業式の日に奏のクラスに転学 転校生が来るが、それは柴田航生であった。奏は再会を喜ぶが、航生は奏を覚えておらず、奏に対してそっけない態度であった。航生が引っ越してきた家は奏の家の隣であったが、奏が航生に告白すると、航生には既に恋人がおり奏は振られてしまう。航生が奏のクラスに転校してきた事は、その日のうちに奏の母親にも知られるところとなり、奏は母親からまた「航生君とは仲良くしちゃだめ」と言われてしまう。それから紆余曲折を経て恋人同士になれた奏と航生であるが、二人で手をつないで歩いているところを奏の母親に目撃されてしまい、奏は母親から「航生君と付き合ったら転校させる」と言われてしまう。その事を奏が航生に相談すると、航生も同じ様な事を母親からわれていた。二人はやむをえず周囲に内緒で付き合う事にする。しかし内緒にしている為に、周囲の生徒から色々と誤解をされてしまう。奏と隆一郎(奏と航生の幼なじみの友人で奏に恋をしている)が恋人同士だと思われたり、航生に恋をする下級生が現れたり、奏に恋をする下級生が現れたりして、彼らと文化祭で劇をやったり、部活の試合に行ったり、スケートに行ったり、遊園地に行ったり、彼らから告白されたりしていくうちに、徐々に周囲の生徒も「本当は奏は航生と付き合っているのではないか」、という事に気付いていく。そしてついに二人が付き合っている事を二人の母親に知られてしまい、奏は母親から激しく怒られてしまう。そして二人は交際をやめる事を決めてしまうが、周囲の友人たちの励ましもあって「親に反対されても転校させられても、恋人同士でいよう」と決心する。やがて母親同士も仲良くなり、奏と航生の交際を認めてくれるようになり、2年生の3学期の「3年生を送る会」が終わった後でハッピーエンドで終わる。

ねぇ

概要 (Wikipediaから引用)

ねぇ ねぇ (navy&ivoryの曲) - navy&ivoryのシングル。 ねぇ (DREAMS COME TRUEの曲) - DREAMS COME TRUEのシングル。 ねぇ (Perfumeの曲) - Perfumeのシングル。 ねぇ (藤田麻衣子の曲) - 藤田麻衣子のシングル。 ねぇ (ゆずの曲) - ゆずの楽曲。アルバム「トビラ」に収録。 ねぇ… - 宮崎奈穂子の楽曲。両A面シングル「ねぇ…/恋のCHAPTER A to Z」に収録。 ねぇ (国安修二の曲) - 国安修二のシングル ねえ (荻野目洋子の曲) - 荻野目洋子のシングル。 ねえ (麻丘めぐみの曲) - 麻丘めぐみのシングル。 ね〜え? - 松浦亜弥のシングル。

ねェ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。