「のう」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

能(のう)は、鎌倉時代後期から室町時代初期に完成を見た、日本の舞台芸術の一種であり、重要無形文化財でありユネスコ無形文化遺産である「能楽」の一分野であり、江戸時代以前には猿楽の能と呼ばれていたものである。その起源は議論の分かれるところであり正確な事はわかっていない。現在の能は中国伝来の舞、日本古来の田楽、延年などといった様々な芸能や行事の影響を受けて成立したものであると考えられている。現在は日本における代表的な伝統芸能として遇され、歌舞伎に並んで国際的に高い知名度を誇る。”歴史については能の歴史を参照”能は、俳優(「シテ」)の歌舞を中心に、伴奏である地謡(じうたい)や囃子(はやし)などを伴って構成された音楽劇・仮面劇である。舞と謡を担当し、実際に演技を行うのがシテ方、ワキ方および狂言方であり、伴奏音楽を担当するのが囃子方(笛方、小鼓方、大鼓方、太鼓方)である。

ない

概要 (Wikipediaから引用)

タイトル ないしょのプリンセス ジャンル 少女漫画 作者 水沢めぐみ 出版社 集英社 掲載誌 りぼん レーベル りぼんマスコットコミックス 開始 1995年4月号 終了 1996年8月号 巻数 全4巻 その他 ないしょのプリンセスは、水沢めぐみによる少女漫画作品。漫画は「りぼん」(集英社)に1995年4月号~1996年8月号まで連載された。水沢はコミックス第4巻でこの作品について、自分の作品は男の子と女の子が両思いになると終わってしまうものばかりだったので、その後を描きたかったと述べている。また、もっと明るい喜劇 コメディ風にしたかったのにシリアスになってしまって困ったとも述べている。同じ幼稚園に通う幼稚園児の鈴木奏と柴田航生は、家も社宅の隣同士で大の仲良しだったが、母親同士の仲が非常に悪く、奏は母親から「航生君と仲良くしちゃだめ」と言われており、航生も母親から「奏ちゃんと遊んじゃだめ」と言われていた。それでも二人は母親の居ないところで仲良く遊ぶ日々だったが、奏が6歳の時に航生が北海道に引っ越してしまう。奏は航生を忘れられず手紙を書いて出したりもしたが、母親同士の仲が悪い為か、航生とは一度も連絡は取れなかった。そして7年が経ち、奏は成英大附属中学2年生になる。始業式の日に奏のクラスに転学 転校生が来るが、それは柴田航生であった。奏は再会を喜ぶが、航生は奏を覚えておらず、奏に対してそっけない態度であった。航生が引っ越してきた家は奏の家の隣であったが、奏が航生に告白すると、航生には既に恋人がおり奏は振られてしまう。航生が奏のクラスに転校してきた事は、その日のうちに奏の母親にも知られるところとなり、奏は母親からまた「航生君とは仲良くしちゃだめ」と言われてしまう。それから紆余曲折を経て恋人同士になれた奏と航生であるが、二人で手をつないで歩いているところを奏の母親に目撃されてしまい、奏は母親から「航生君と付き合ったら転校させる」と言われてしまう。その事を奏が航生に相談すると、航生も同じ様な事を母親からわれていた。二人はやむをえず周囲に内緒で付き合う事にする。しかし内緒にしている為に、周囲の生徒から色々と誤解をされてしまう。奏と隆一郎(奏と航生の幼なじみの友人で奏に恋をしている)が恋人同士だと思われたり、航生に恋をする下級生が現れたり、奏に恋をする下級生が現れたりして、彼らと文化祭で劇をやったり、部活の試合に行ったり、スケートに行ったり、遊園地に行ったり、彼らから告白されたりしていくうちに、徐々に周囲の生徒も「本当は奏は航生と付き合っているのではないか」、という事に気付いていく。そしてついに二人が付き合っている事を二人の母親に知られてしまい、奏は母親から激しく怒られてしまう。そして二人は交際をやめる事を決めてしまうが、周囲の友人たちの励ましもあって「親に反対されても転校させられても、恋人同士でいよう」と決心する。やがて母親同士も仲良くなり、奏と航生の交際を認めてくれるようになり、2年生の3学期の「3年生を送る会」が終わった後でハッピーエンドで終わる。

能生

概要 (Wikipediaから引用)

能生駅(のうえき)は、新潟県糸魚川市大字能生字白拍子にある、えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの駅である。 1912年(大正元年)12月16日:信越線の名立駅から糸魚川駅までの延伸に伴い開業する(一般駅)。 1913年(大正2年)4月1日:線路名称が改定され、信越線の直江津駅から糸魚川駅間が北陸本線に編入されるとともに、当駅もその所属となる。 1969年(昭和44年)10月1日:北陸本線の複線電化に伴い現在地に移転。 1975年(昭和50年)3月10日:貨物の取扱を廃止する(旅客駅となる)。 1986年(昭和61年)11月1日:荷物の取扱を廃止する。 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道の駅となる。 2015年(平成27年)3月14日 - 北陸新幹線・長野駅 - 金沢駅間延伸開業に伴いえちごトキめき鉄道へ移管。 能生騒動 1961年10月1日のダイヤ改正で大阪駅 - 青森駅・上野駅間に特急「白鳥」が設定された際、当時北陸本線が単線だったため、当駅で上りが運転停車を行い、下りとすれ違うダイヤが組まれていた。

概要 (Wikipediaから引用)

脳(のう、英: brain、独: Gehirn、羅: encephalon、希: ἐγκέφαλος, enkephalos)は、動物の頭部にある、神経系の中枢。狭義には脊椎動物のものを指すが、より広義には無脊椎動物の頭部神経節をも含む。脊髄とともに中枢神経系をなし、感情・思考・生命維持その他神経活動の中心的、指導的な役割を担う。 人間の脳は、大脳、間脳、脳幹(中脳、後脳、延髄)、小脳の4種類の領域に分類される。 この内、脳幹は、中脳、後脳、延髄に3種類の領域に分類される。 つまり、人間の脳は、大脳、間脳、中脳、後脳、小脳、延髄の6種類の領域に分類される。 無脊椎動物の脳 無脊椎動物のうち扁形動物門以降の世代の生物は、旧口動物・新口動物ともに集中神経系をもつ、すなわち神経節(=神経の集まった部分)を(しばしば頭部に)もつ。頭部神経節が他の神経節に比べて顕著に発達している場合、これらはしばしば脳(脳神経節)と呼ばれる(ただしこの呼称は医学分野などからの視点では一般的でない)。

概要 (Wikipediaから引用)

『東京農業大学』より : 東京農業大学(とうきょうのうぎょうだいがく、英語: Tokyo University of Agriculture)は、東京都世田谷区桜丘一丁目1番1号に本部を置く日本の私立大学である。1925年に設置された。大学の略称は東京農大、農大、東農大、TUA。 大学全体 日本で初めて設立された私立の農学校であり、現在、農学を専門に扱う日本で唯一の大学である。東京農工大学、農業者大学校、日本の各道府県にある農業大学校とは名称が類似しているが特に関係はない。 建学の精神(校訓・理念・学是) 農大の前身である東京農学校の初代学長横井時敬は「稲のことは稲に聞け、農業のことは農民に聞け」や「農学栄えて農業亡ぶ」といった言葉を残した。これは観念論を排して実際から学ぶ姿勢を重視し、学問のための学問を排した『実学主義』を重視することを表しており、現在も農大は「実学主義」を教育理念とし、「人物を畑に還す」(昨今の国際化社会に伴い、「人物を世界の畑に還す」とする場合もある。

概要 (Wikipediaから引用)

膿(うみ)は、化膿した際に傷口から出てくる黄白色でアルカリ性の液体。膿汁(のうじゅう)とも呼ばれる。これは微生物を食べる過程で崩壊した白血球や他の組織が崩壊したもの、その他の死んだ又は生きている細菌などである。膿の有形成分を膿球、液体成分を膿清と呼ぶ。 デオキシリボ核酸及びリボ核酸の核酸がフリードリッヒ・ミーシェルによって最初に発見されたのは膿からであった。これは、膿には白血球の核が多量に集まるため、ここから核内の物質をさがそうとの目的で研究が行なわれた結果である。 関連項目 細菌 化膿 化膿性炎症/膿瘍/蜂窩織炎/膿性カタル 参考文献 獣医学大辞典編集委員会編集 『新獣医学辞典』 チクサン出版社 2008年 ISBN 978-4-88500-654-8。

のう

概要 (Wikipediaから引用)

『のうりん』は、白鳥士郎による日本のライトノベル。イラストは切符が担当している。GA文庫(SBクリエイティブ〈旧・ソフトバンク クリエイティブ〉)より、2011年8月から既刊12巻(2016年3月現在)が刊行されている。 農業高校を舞台に、農業に青春をかける農業高校生たちの日常を描く。作品のジャンルは「農業系学園ラブコメディー」。内容はギャグが中心で、多くのパロディや下ネタを含んでいる。その一方で、現代日本の農業の問題点も取り上げられている。 「みんなで選ぶベストラノベ2011」コメディ部門第1位。第一回ラノベ好き書店員大賞1位受賞。 2012年には『ヤングガンガン』にて漫画版の連載が開始され、ドラマCDが発売された。2013年3月にテレビアニメ化が発表され、2014年1月より3月まで放送された。詳細は#テレビアニメを参照。 あらすじ 岐阜県立田茂農林高等学校、通称「のうりん」の生産科学科2年A組栽培専攻に所属する畑耕作(はた こうさく)は、アイドルの草壁ゆか(くさかべ ゆか)に熱を上げるちょっぴりアイドルオタク。