「のうかすいたい」とは?

言葉 詳細
脳下垂体

概要 (Wikipediaから引用)

『下垂体』より : 脳下垂体(のうかすいたい)または下垂体(かすいたい)とは、脊椎動物の体に存在する内分泌器官。脳に接して、脳の直下(腹側)に存在し、脳の一部がぶら下がっているように見えることからこの名がある。 脳下垂体は、脳とともに、硬膜に包まれており、脳の腹側に接している。視交叉の後方、間脳の視床下部に接する位置にある。下側は、頭蓋骨の蝶形骨に接する。ヒトなどの蝶形骨には、脳下垂体がちょうどはまり込むようなくぼみがあり、トルコ鞍と呼ばれる。 内分泌器官である下垂体には、血管が発達しており、分泌されたホルモンが効率よく血流に乗って全身に運ばれるようになっている。脳下垂体前葉のホルモンの分泌を調節するホルモンは、視床下部から分泌されており、脳下垂体を通る血管のうちの一部は、視床下部を経由してから脳下垂体に入るため、視床下部の分泌調節ホルモンの刺激が効率よく脳下垂体前葉に伝わるようになっている。