「のうかん」とは?

言葉 詳細
納官

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

能管

概要 (Wikipediaから引用)

能管(のうかん)は、日本の横笛の一つである。能だけではなく歌舞伎、寄席囃子や祇園囃子でも用いられる。竹製のエアリード楽器の一つであるが、「のど」と呼ばれる部分があるのが特徴である。 40cm程の長さで、七つの指穴を持ち、穴の周囲は漆で固められている。雅楽に用いられる龍笛と同じく、女竹(篠竹)製である。乾燥し煤けたものが用いられる(煤竹)。場合によっては竹を縦に割って裏返し、硬い部分を内面に向ける。管の内部には厚く漆を塗る。外側には桜の皮が巻いてある(樺巻き)。全体として先細りの管を用いる。 歌口と一番手前の指穴との間に「のど」と呼ばれる厚さ2mm程の竹管が挿入され、狭隘部を形成しているのが特徴である。この部分のために、共鳴モードの成立が妨げられ、西洋の平均律はもちろん、日本の各種音階とも異なる独特の音階である。同じ指使いでも吹き方を変えることによって、低い「呂(りょ)の音」と高い「甲(かん)の音」そして極めてかん高い「ヒシギ音」が得られる。 関連項目 能#囃子 歌舞伎#歌舞伎音楽 龍笛 篠笛 笛 邦楽器 木管楽器 一噌流 森田流 藤田流 外部リンク 能管の不思議 各部の寸法がある。

脳幹

概要 (Wikipediaから引用)

脳幹(のうかん、英: brain stem)は、中枢神経系を構成する器官集合体の一つ。延髄と橋、中脳を合わせて脳幹と呼ぶ。なお、この括りを下位脳幹 (lower brainstem) と呼ぶ。なお、広義では延髄、橋および中脳に間脳を含めることもある。 脳幹の機能 脳幹は多種多様な神経核から構成されており、その機能も当然ながら多様であり、この小さな部分に多数の生命維持機能を含む。 多数の脳神経が出入りし、多数の神経核が存在する。 自律神経機能中枢が存在する。 意識と覚醒に重要な神経回路があるとされる。網様体の項を参照。 脊髄から視床へ上行する感覚神経路が存在する。 上位中枢から脊髄に下降する運動神経路が存在する。 姿勢反射の中枢である。 脳幹の形態評価 非侵襲的な頭部MRIによる評価法を中心に述べる。この評価法は神経変性疾患の診療に応用されている。 中脳 中脳は橋と前脳(間脳と終脳)の間に位置して長さはおよそ2.5cmである。

納棺

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。