「のうがく」とは?

言葉 詳細
能楽

概要 (Wikipediaから引用)

『能』より : 能楽(のうがく)は、日本の伝統芸能であり、式三番(翁)を含む能と狂言とを包含する総称である。重要無形文化財に指定され、ユネスコ無形文化遺産に登録されている。 江戸時代までは猿楽と呼ばれていたが、1881年(明治14年)の能楽社の設立を機に能楽と称されるようになったものである。明治維新により、江戸幕府の式楽の担い手として保護されていた猿楽の役者たちは失職し、猿楽という芸能は存続の危機を迎えた。これに対し、岩倉具視を始めとする政府要人や華族たちは資金を出し合って猿楽を継承する組織「能楽社」を設立。芝公園に芝能楽堂を建設した。この時、発起人の九条道孝らの発案で猿楽という言葉は能楽に言い換えられ、以降、現在に至るまで、能、式三番、狂言の3種の芸能を総称する概念として使用され続けている。 明治維新後 江戸幕府の儀式芸能であった猿楽は、明治維新後家禄を失ったことにより他の多くの芸能と同様廃絶の危機に瀕した。明治2年(1869年)にはイギリス王子エディンバラ公アルフレッドの来日に際して猿楽が演じられたが、明治5年(1872年)には能・狂言の「皇上ヲ模擬シ、上ヲ猥涜」するものが禁止され、「勧善懲悪ヲ主トス」ることも命じられた。

農学

概要 (Wikipediaから引用)

農学(のうがく、英: agriculture)とは、農業・林業・水産業・畜産業などに関わる、応用的な学問。農産物の栽培・育種、生産技術の向上、生産物の加工技術などや、生産に関わる社会的な原理、環境の保全など、第一次産業に関わる幅広い事柄を研究し、産業の改良と発展を目指す。広義の自然科学に属し、化学、生物学、地学などを基礎とするが、社会科学も基盤の一部を成す。 農学の分野一覧 日本農学会の資料を基に分類した。 生産植物学 園芸学 - 作物学 - 育種学 - 草地学 - 熱帯農学 植物生理学 植物保護学 - 応用昆虫学 植物病理学 - 応用植物学 - 応用微生物学 - 雑草学 - 農薬学 - 蚕糸学 - 生物測定学 土壌環境科学 土壌学 - 土壌肥料学 - 土壌微生物学 - 砂丘学 農芸化学 農芸化学 - 植物化学調節学 - 応用糖質科学 森林科学 森林学 - 砂防学 - 林木育種学 - 林業経済学 - 森林立地学 - 森林計画学 木材科学 木材学 - 林産学 水産科学 水産学 - 漁業経済学 - 魚病学 - 水産工学 畜産学 畜産学 - 繁殖生物学 - 家禽学 - 動物遺伝育種学 獣医学 応用動物学 - 獣医学 - ペット栄養学 - 動物臨床医学 農業工学 農業農村工学 - 農業気象学 - 生物環境工学 - 農村計画学 - システム農学 - 農業情報学 - 農業土木学 - 農業機械学 - 農業機械・施設学 - 海水学 - 農作業学 - 農業施設学 農業の社会科学 農村社会学 農業経済学 - 農業経営学 - 国際地域開発学 - 農政学 植民政策学 農業地理学 農業マーケティング 造園学 - 緑地環境科学 造園学 - 芝草学 - 樹木医学 - 緑地計画学 - 風景計画学 - 庭園学 - 緑地植物学 - 植栽学 - 緑地工学 - 緑化工学 - 緑地管理学 - 緑地生態学 - 緑地情報学 醸造学 - 発酵学 前近代の農学については農書も参照。