「のうげか」とは?

言葉 詳細
脳外科

概要 (Wikipediaから引用)

脳神経外科学(のうしんけいげかがく、英語: neurosurgery)は、脳、脊髄、末梢神経、脊椎などに関する臨床医学の1分野。これらの臓器の内科的疾患は概ね神経内科学が担い、外科的疾患を脳神経外科が担うという役割分担がある。略称は、脳外科、脳外と略される。 近年は診療科として神経内科と脳神経外科が共に脳神経センターや脳卒中センターを設置している施設もある。 フランスやペルーなどの新石器時代の遺跡から、穿頭術が施されて治癒過程にある頭蓋骨が発掘されているため、脳神経外科学はこの頃に萌芽があると考えられている。紀元前17世紀の書物に、Edwin Smithによる頭部や脊柱の外傷についての記述があり、これが脳神経外科学における最古の論文と言われている。書物に書かれた穿頭術の最古の記録はヒポクラテスによるものである。開頭術は紀元前後にインドや中国で行われたと言われているが、近代医学においては麻酔法や消毒法が発達した19世紀末の1889年にWilhelm Wagnerが創始したとされる。