「のうこつ」とは?

言葉 詳細
納骨

概要 (Wikipediaから引用)

納骨堂(のうこつどう)は、骨壺に入れた遺骨を安置しておく建物である。納骨殿、霊堂などとも呼ばれる。通常は遺骨を骨壺から出した状態で埋葬する「合同納骨塚」とは区別される。 日本では、管理・運営の主体により寺院納骨堂、公営納骨堂、民営納骨堂の3種類がある。 納骨方式としては、ロッカー式・棚式・仏壇式・お墓式に大別される。 内部は遺骨を入れた骨壺を保管しておくロッカー状の納骨壇が置かれ、上段に位牌を安置する祭壇(仏壇)がついているものもある。 仏教に限らず、神道、道教、キリスト教においても同様の施設が見られる。宗派によっては中央に本尊を安置する場合もある。 近年では屋内霊園と呼ばれる、マンション形式で多数の納骨壇を設置する施設も増えており、東京都には日本最大級となる9階建ての大型のものもある。海外でも、土地の少ない香港や台湾には大型のものが建てられている。 利用方法は遺骨を墓を建てるまでの間、一時的に保管する場合と、墓地に埋葬せず永久的に保管しておく場合とがあり、祭壇つきの納骨壇をもつものは主に後者に用いられる。