「のうさ」とは?

言葉 詳細
納所

概要 (Wikipediaから引用)

納所 弁次郎(のうしょ べんじろう、慶応元年9月24日(1865年11月12日) - 昭和11年(1936年)5月11日)は、日本の作曲家、音楽教育家。 娘は童謡歌手の納所文子、納所米子、納所みち子、姉は日本基督教会の牧師三浦徹の妻りう 『兎と亀』、『おつきさま』、『桃太郎』、『さるかに』などの作曲者として知られる。 幕臣納所重兵衛の四男として武蔵国江戸の築地に生まれた。六人兄弟の末っ子。1880年(明治13年)頃、築地一致英和学校(現・明治学院大学)に入学。1883年(明治16年)2月に音楽取調掛に伝習生として入学。ピアノを鳥居忱・瓜生繁子・ソーブレット、唱歌を上真行に学んだ。これ以前にビオラをフランツ・エッケルトに習っていたこともある。 1887年(明治20年)2月、音楽取調掛卒業後、研究生兼教務嘱託となる。1888年(明治21年)9月、学習院奉職。1897年(明治30年)、明治音楽会を同志と起しオーケストラの紹介に務める(独唱・ビオラ担当)。1903年(明治36年)10月、華族女学校兼務。 1912年(大正元年)、学習院を辞し森村小学校(現在の森村学園初等部)に教鞭を取る。