「はい」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

『ペスト』より : ペスト(ドイツ語: Pest, 英語: plague)とは、ヒトの体にペスト菌(Yersinia pestis 腸内細菌科 通性嫌気性/グラム陰性/無芽胞桿菌)が感染することにより発症する伝染病である。黒死病(英語: Black Death, ドイツ語: Schwarzer Tod)とも。 疫学 日本では感染症法により一類感染症に指定されている。ペストは元々齧歯類(特にクマネズミ)に流行する病気で、人間に先立ってネズミなどの間に流行が見られることが多い。 ノミ(特にケオプスネズミノミ)がそうしたネズミの血を吸い、次いで人が血を吸われた結果、その刺し口から菌が侵入したり、感染者の血痰などに含まれる菌を吸い込んだりすることで感染する。人間、齧歯類以外に、猿、兎、猫などにも感染する。 かつては高い致死性を持っていたことや罹患すると皮膚が黒くなることから黒死病と呼ばれ、恐れられた。世界史に数次の全地球規模の流行が記録されており、特に14世紀の大流行は、世界人口を4億5000万人から3億5000万人にまで減少させた。

概要 (Wikipediaから引用)

杯(はい・ぱい・さかずき) 優勝した際にわたされるもの - 優勝杯(ゆうしょうはい)など 1.が授与される競争 - 「-杯(はい)」で使用される。 盃のこと - 可杯(べくはい)など イカを数える単位 - 「スルメイカ1杯(ぱい)」 容器に盛った食品を数える単位 - 「1杯(ぱい)の蕎麦」。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

肺(はい)は、脊椎動物の器官の1つである。肺臓とも呼ばれる。空気中から得た酸素を体内に取り込んだり、老廃物である二酸化炭素を空気中に排出する役割(呼吸)を持つ。これに対して水中から得た酸素を取り込み、水中に排出する器官が鰓(えら)である。 なお、無脊椎動物でも、体内に一定の腔所を持ち、その内側でガス交換を行う器官を肺と呼ぶ。節足動物のクモ型綱、軟体動物の腹足綱にその例がある。 ヒトの肺 ヒトの肺は胸腔の大部分を占める。主に気道と血管からなり、両者は肺胞で接してガス交換を行っている。肺胞は約3億個で、総表面積は約60m2。肺の重さは一つあたり男性が約1,000g、女性は900g。 構造 肺は横隔膜・肋間筋に囲まれた胸郭の中にある。肺の表面を覆っている漿膜を胸膜と言い、横隔膜や肋間筋を裏打ちしている。肺を覆っている胸膜を臓側胸膜(肺胸膜)と言い、横隔膜や肋間筋を裏打ちしている胸膜を壁側胸膜と言う。臓側胸膜と壁側胸膜は辺縁で連続していて、一枚の扁平な袋になっている。この袋の中を胸膜腔と言い、漿液である胸膜内液で満たされている。

ハイ

概要 (Wikipediaから引用)

ハイスクール!奇面組の登場人物一覧(はいすくーるきめんぐみのとうじょうじんぶつ)は、漫画またはフジテレビ系列にて放映されていた『ハイスクール!奇面組』に登場する架空の人物の説明の一覧である。なお『3年奇面組』『帰ってきたハイスクール!奇面組』『フラッシュ!奇面組』の登場人物についても本項で扱う。詳細は各キャラの項目参照。 一堂零(いちどう れい) 声優 声:千葉繁 : 奇面組リーダー。主人公。通称「まゆなしの零」。家がおもちゃ屋で、父親と妹と3人で暮らしている(母親は既に他界している)。子供がそのまま成長したような無邪気さを持つ、でも変態(奇人という意味で)。イメージは「高貴なバカ殿」。変幻自在の身体の持ち主で、得意技はフンフンむちむちおどり、おどろきしぱた。3浪の末難易度の低い一先高校に補欠合格。応生高校と合併し、一応高校となった。クラス分けは、中高通して10組。

概要 (Wikipediaから引用)

灰(はい)は、草や木、動物などを燃やしたあとに残る物質。 古来より有用な化学物質として広く用いられてきた。また、象徴としても世界の様々な文化、伝承に登場する。 成分 生物は、骨などを除けば、主に有機物から構成されている。ほとんどの有機物は、元素として炭素、水素、酸素、窒素(および硫黄、リン)から構成されている。これらの元素は高温でかつ十分に酸素を供給して焼却すると、完全燃焼して二酸化炭素や水蒸気などの気体となって散逸する。一方、体内に微量に含まれている無機質、特に金属元素(カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの化合物類)は燃焼しても気体にはならず、固体として後に残る。これが灰である。 灰の主成分元素はカリウムやカルシウム、マグネシウムであり、微量のアルミニウム、鉄、亜鉛、ナトリウム、銅などの金属元素(ミネラル)やプラント・オパール由来の珪酸も含まれる(含まれる元素は燃やすものによって左右される)。

這う

概要 (Wikipediaから引用)

「這う男」(はうおとこ、The Adventure of the Creeping Man)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち47番目に発表された作品である。イギリスの「ストランド・マガジン」1923年3月号、アメリカの「ハースツ・インターナショナル」1923年3月号に発表。1927年発行の第5短編集『シャーロック・ホームズの事件簿』(The Case-Book of Sherlock Holmes) に収録された。 あらすじ 1903年9月(この事件をワトスンが発表する20年ほど前)、ケンフォード大学のプレスベリー教授の助手トレヴァー・ベネット氏からシャーロック・ホームズに依頼があった。 プレスベリー教授は夫人を亡くしていたが、2、3ヶ月前に同じ大学のモーフィー教授の娘と婚約した。ところがその後プレスベリー教授は突然、行き先を明かさずに2週間も旅に出る。げっそりと疲れた様子で帰ってきたその日から、プレスベリー教授は奇怪な行動をとるようになり、どこかプレスベリー教授らしくない、よそよそしく不気味な雰囲気に変わってしまったという。

はぐ

概要 (Wikipediaから引用)

『はぐれ刑事純情派』(はぐれけいじ じゅんじょうは)は、テレビ朝日・東映の制作でシリーズ化された日本の刑事ドラマ。主演は藤田まこと。 スペシャルを含め、全444話制作された。 本項目では、1988年から2005年(18年間)までの、連続テレビシリーズ版(およびテレビシリーズのスペシャル放送)、2005年のテレビシリーズ終了後年1回ペースで制作され、2009年の年末まで放送したスペシャルドラマ版(2008年は未制作)、1989年にテレビシリーズをベースにして全国東映系で公開した劇場版のほか、エピソードの一つを篠崎好がノベライズ化した小説版(はぐれ刑事純情派-贋作画殺人事件、勁文社刊)を解説する。

吐く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

履く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

はいる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

佩く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

入る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

掃く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

はく

概要 (Wikipediaから引用)

はく 伯 爵位の一つ - 伯爵 日本の律令制における四等官の一つ - 神祇伯(神祇官の長官) 白 - 色の一つ ハク - 宮崎駿監督のアニメ映画「千と千尋の神隠し」に登場するキャラクター ハク(キング・ハク) → プロレスラー 関連項目 白 (曖昧さ回避)。

矧ぐ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

はう

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

穿く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

剥ぐ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

はい

概要 (Wikipediaから引用)

はいとは日本語で質問に対する肯定を表す間投詞である。否定には「いいえ」を用いる。 「はい」は江戸時代に現れる語で、洒落本「婦美車紫鹿子」 (1774年) 高輪茶屋の段に以下の会話がある。 「口上をわすれるな」 「ハイかしこまりました」それ以前は「おお」、「を」 (ウォ)、「う」、「せ」、そうであるの意味の「しかり」を用いていた。 語源に関しては専門家の中でも説が主に二つ存在し、「拝」が「はい」という丁寧な答えの言葉になったとする説と、中世から江戸時代前半にかけて「はい」と同じ場面で使われていた「あい」や「えい」の語が訛って「はい」に変化していったという説がある。また、学術的には否定されているが、俗説として、広東語の「係」(「ハイ」と発音する)が明治時代に日本語に導入されたなどする説が主張されることもある。 現在は、標準語における丁寧な肯定の最も一般的な間投詞である。また、呼び掛けに対する返事としても使われる。 その他、「ええ」も丁寧な肯定だが、「はい」よりは口語的である。会話で一般的な「うん」は俗語的であり、目上の人に対してや公の場では使用されない。

概要 (Wikipediaから引用)

『バレーボール』より : バレーボール (Volleyball ヴァリボール、ボレイボール) とは、ネット越しにボールを打ち合う球技である。1チーム6人、または9人の2チームで行われる。9人制は主に「ママさんバレー」として日本では頻繁に行われているが、世界的には普及しておらず、国際試合などは6人制で行われている。6人制では1セット25点(5セットマッチ/5セット目は15点まで)で行われる。日本語では排球(はいきゅう)と訳されている。バレーボールは、女性や子供が気軽に楽しめるリクリエーションとして1895年2月9日、アメリカ合衆国でウィリアム・G・モーガンによって考案された。当時はミノネット(Mintonette)と呼ばれた。このころのルールは非常に単純で、試合に集まった人たちを同じ数の2チームに分けて、ボールを打ち合い、ボールを落としたほうが負けというものであった。

概要 (Wikipediaから引用)

『色』より : 配色(はいしょく)とは、色を配置、構成すること。自然の中に存在する色は「ただ美しい」が、生産し消費される色の社会は、色彩の科学的な基本を充分に考慮し、感覚面での効果、作用に注目して「配色」されている。 「配色」、つまり色の組み合わせ方を考えることは、感覚面での個性をふまえると同時に、色相・明度・彩度(色の三属性)の異なる色の無限の組み合わせに挑戦し、選択するという意味であり、グラフィックデザインの根幹をなす仕事であるとも言える。 日本には、沈金や銀砂の幽玄に見られる無彩色の美があり、また一方では十二単、歌舞伎、能などに表現される「多色」の世界にも理解を示してきた。西洋でも中世の禁欲的な色の時代から、ルネッサンスを経て、近代社会、現代社会へと進むにつれて、色彩と配色が、あらゆる場面で「表現の手段」として使われるようになってきた。 フランク・ステラやピーター・セッジリーがオプ・アートで幾何学的な構成と色彩の階調を表現。さらにピエト・モンドリアンが幾何学的な形態と三原色の配置だけで感情を表現し、ジョセフ・アルバースやヴィクトル・ヴァルサリが色の組み合わせの美しさを色の正確の変化とシンプルな形で見せた。

概要 (Wikipediaから引用)

『ゾロアスター教』より : ゾロアスター教(ゾロアスターきょう、ペルシア語: دین زردشت‎ Dîn-e Zardošt、ドイツ語: die Lehre des Zoroaster/Zarathustra、英語: Zoroastrianism)は、古代ペルシアを起源の地とする善悪二元論的な宗教である。『アヴェスター』を根本経典とする。 ゾロアスター教の起源は古く、紀元前6世紀にアケメネス朝ペルシアが成立したときには、すでに王家と王国の中枢をなすペルシア人のほとんどが信奉する宗教であった。紀元前3世紀に成立したアルサケス朝のパルティアでもヘレニズムの影響を強く受けつつアフラ・マズダーへの信仰は守られ、3世紀初頭に成立した、後続するサーサーン朝でも国教とされて王権支配の正当性を支える重要な柱とみなされた。ゾロアスター教は、活発なペルシア商人の交易活動によって中央アジアや中国へも伝播していった。 7世紀後半以降のイスラームの台頭とペルシア人のムスリム化によってペルシアのゾロアスター教は衰退し、その活動の中心はインドに移った。

概要 (Wikipediaから引用)

鉄道車両における廃車(はいしゃ)とは、鉄道車両の本来の用途における使用(人や物を運ぶこと)をやめ、車籍を抹消して鉄道事業者の資産でなくし、廃棄すること、またはそうされた車両のことである。ある鉄道車両が廃車となる理由には、大きく分けて次の3種類がある。 経年廃車 用途(余剰)廃車 事故(天災によるものも含む)廃車鉄道車両は、整備や手入れを多額の費用や時間をかけて行えば、30年あるいはそれ以上の期間使用することも可能である。長期間使用された車両の一例としては、戦前のベルリンオリンピック時に製造されたSバーン用電車がドイツ分裂・東西統一を経て21世紀初頭まで運行していた例や、西日本旅客鉄道(JR西日本)小野田線において運用離脱する2003年まで70年間にわたって使用されていた国鉄42系電車 クモハ42形電車などが挙げられる。また、経年が100年を超える蒸気機関車が、車籍のない遊戯施設扱いであるものの動態保存され、客車を牽いて運転されている例もある。しかし、これらは非常に稀であり、大抵の車両は早くて10年前後、遅くとも30〜40年(新幹線は15〜20年)で役目を終えている。