「はいえな」とは?

言葉 詳細
ハイエナ

概要 (Wikipediaから引用)

ハイエナ(=ヒヤエナ)は、ネコ目(食肉目)ハイエナ科に属する動物の総称である。長い鼻面と長い足を持ち、イヌに似た姿をしているが、ジャコウネコ科に最も近縁である。別名タテガミイヌ。 分布 サハラ砂漠以南のアフリカの他、シマハイエナはトルコ、中東のアラビア半島、ロシア南西部、インドにも分布する。 現生の4種のハイエナのうち、昆虫食のアードウルフを除く3種は、強力な頭骨と顎、消化器官を持つ。これらによって、他の肉食動物が食べ残すような骨を噛み砕き、有機成分を消化吸収できる。角、骨、蹄など消化できないものは、ペレットとして吐き戻す。 生態 中型のカッショクハイエナやシマハイエナは、狩りをするより腐肉を漁ることの方が多いため、ハイエナの一般的な印象「サバンナの掃除人」のもととなっている。 一方、ブチハイエナは、時速65kmを超える俊足と、並外れたスタミナとを併せ持つ優秀なハンターである。その食物には腐肉も含まれるものの、半分以上は自分たちで捕えたものであり、狩りで仕留めた獲物をライオンに横取りされる場合もある。