「はいえん」とは?

言葉 詳細
廃園

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

肺炎

概要 (Wikipediaから引用)

肺炎 (はいえん、pneumonia) とは、肺の炎症性疾患の総称である。一般的には肺の急性感染症として理解されている。 肺炎の分類 肺炎の分類としては、いくつかの異なった分類が存在する。 大きく分けて 原因による分類 罹患場所による分類 発生機序による分類 病変の形態による分類などがあげられる。 原因による分類 感染性肺炎 細菌性肺炎 ウイルス性肺炎 一般に感冒・上気道炎後の続発性肺炎は細菌性肺炎であるが、時にウイルスそのものによる肺臓炎・間質性肺炎をきたすことがある。インフルエンザウイルス肺炎、麻疹肺炎など。 非定型肺炎 マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマによる肺炎。潜伏期2〜3週間。統計は、院内肺炎ではなく市中肺炎が多い。検査は、血液検査では寒冷凝集反応や抗マイコプラズマ抗体の上昇を見る。胸部X線写真は区域性の所見を示さず、すりガラス状の間質性陰影を見ることが多い。ルーチン検査の喀痰培養検査でも検出できないので参考にならない。診断は、抗マイコプラズマ抗体の上昇で確定診断になる。治療は、抗マイコプラズマ抗体が上昇するまで数日掛かるため確定診断を待ってから治療するのでは遅いので、寒冷凝集反応から経験的治療に基づいて化学療法を行う。