「はいかい」とは?

言葉 詳細
俳かい

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

誹諧

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

俳諧

概要 (Wikipediaから引用)

俳諧(はいかい)とは、主に江戸時代に栄えた日本文学の形式、また、その作品のこと。誹諧とも表記する。正しくは俳諧の連歌あるいは俳諧連歌と呼び、正統の連歌から分岐して、遊戯性を高めた集団文芸であり、発句や連句といった形式の総称である。 松尾芭蕉の登場により冒頭の発句の独立性が高まり、発句のみを鑑賞する事も多く行われるようになり、明治時代に成立した俳句の源流となる。時に作者個人の創作たる発句を完全に独立させた近代文芸の俳句と同一視される。専門的に俳諧に携わるひとを「俳諧師」と呼ぶ。 江戸期においては専業のいわゆる「業俳」が俳諧師と呼ばれていた。 本業があって趣味として俳諧を楽しむ人は「遊俳」と呼ばれ、遊俳は俳諧師とは呼ばれない。 「俳諧」には、「滑稽」「戯れ」「機知」「諧謔(かいぎゃく)」等の意味が含まれる。平安時代前期に編纂された『古今和歌集』に集められた滑稽な和歌は「誹諧歌」と呼ばれていた。 室町時代には、戦塵の傍ら武家が集した連歌会や出陣前に神社で執り行った法楽の連歌等に差異するように、和歌の連歌の表現を滑稽・洒脱にして、より気軽に楽しめるようにした文芸が「俳諧連歌」もしくは「俳諧の連歌」と呼ばれて一般に好まれた。

はいかい

概要 (Wikipediaから引用)

『はいかい』とは1999年1月9日から3月にテレビ東京で放送された深夜番組。 音楽、映画、アートなどあらゆるカルチャーのインディーズサイドをカメラが徘徊する。 後年この番組で知り合った映像作家たちがインディー作家交流の為のポータルサイトを立ち上げた。 出演 和所こづえ(ナレーションも)kirakira☆メロディ学園2期生 水谷ケイ(ナレーションのみ) シューリー・チェン 内容 はいかい 東京のあちこちを和所こづえが散歩をする看板コーナー。 冒頭に決まりのナレーションがあった。 はいかい。 それはどこという目的地を決めないまま出発すること。 でも、ただ、漂うだけじゃない。 その途中で、人や風景に向き合ったり、音楽や映画に出会ったりする。 それが私たちの「はいかい」 (以上公式webより引用) fruits picking 若手美術アーティストを紹介。 リポーターはシューリー・チェン。 i☆pop 海外のインディーズバンドを紹介。 主にライブ映像を流していた。 取材協力にROVER RECORDS(関岡憲治)。

徘徊

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。