「はいがす」とは?

言葉 詳細
排ガス

概要 (Wikipediaから引用)

『排気ガス』より : 排気ガス(はいきガス、英: exhaust gas)は、ガソリン・軽油などの燃料がエンジンで燃焼したり、さまざまな化学反応を起こしたりしたことで生ずる気体で、大気中に放出されるものを指す。 自動車用語では排気 (exhaust)、または排ガス・排出ガス(共にexhaust gas)とも言う。日本工業規格 (JIS D0108) では、ブローバイガスや燃料蒸発ガスなどエンジンの燃焼に伴うもの以外を併せて、排出ガス (emission gas) と総称して区別している。 成分 有機化合物に由来する排出ガスは大部分が二酸化炭素と水蒸気であるが、微量成分として他物質を含む。一酸化炭素 (CO)、炭化水素 (HC)、窒素酸化物 (NOx) あるいは粒子状物質 (PM) などである。 下記にその成分を記す。 一酸化炭素 有機化合物が酸化される際、酸素供給が不十分な不完全燃焼であると発生する。人体に対する毒性がある。 炭化水素 (HC) ガソリン(C8H18 など)が揮発したり、燃焼が不完全で燃焼できなかった混合気がそのまま排出されると発生する。