「はいき」とは?

言葉 詳細
早岐

概要 (Wikipediaから引用)

早岐駅(はいきえき)は、長崎県佐世保市早岐一丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。 長崎県北部の鉄道交通の要衝となる駅で全列車が停車し、特急「みどり」「ハウステンボス」の併結列車が当駅で分割・併合を行っている。当駅の所属線である佐世保線と、当駅を起点とする大村線の2路線が乗り入れている。複数のJR路線が乗り入れる駅としては日本最西端にあたる。 佐世保線の普通列車は肥前山口駅方面、佐世保駅方面からの列車とも当駅始発・終着の列車が多く設定されており、佐世保線・長崎本線・鹿児島本線経由で門司港駅まで運転される列車も設定されている。2014年3月15日より、下り始発は吉塚駅となった。大村線は当駅が起点であるが当駅始発・終着の列車は普通列車の約半数のみで、特急「ハウステンボス」は佐世保線肥前山口駅方面に乗り入れて博多駅まで、快速「シーサイドライナー」全列車と残りの普通列車は佐世保線佐世保駅までそれぞれ直通している。

排気

概要 (Wikipediaから引用)

『排気ガス』より : 排気ガス(はいきガス、英: exhaust gas)は、ガソリン・軽油などの燃料がエンジンで燃焼したり、さまざまな化学反応を起こしたりしたことで生ずる気体で、大気中に放出されるものを指す。 自動車用語では排気 (exhaust)、または排ガス・排出ガス(共にexhaust gas)とも言う。日本工業規格 (JIS D0108) では、ブローバイガスや燃料蒸発ガスなどエンジンの燃焼に伴うもの以外を併せて、排出ガス (emission gas) と総称して区別している。 成分 有機化合物に由来する排出ガスは大部分が二酸化炭素と水蒸気であるが、微量成分として他物質を含む。一酸化炭素 (CO)、炭化水素 (HC)、窒素酸化物 (NOx) あるいは粒子状物質 (PM) などである。 下記にその成分を記す。 一酸化炭素 有機化合物が酸化される際、酸素供給が不十分な不完全燃焼であると発生する。人体に対する毒性がある。 炭化水素 (HC) ガソリン(C8H18 など)が揮発したり、燃焼が不完全で燃焼できなかった混合気がそのまま排出されると発生する。

拝跪

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

廃棄

概要 (Wikipediaから引用)

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(はいきぶつのしょりおよびせいそうにかんするほうりつ、昭和45年12月25日法律第137号)は、廃棄物の排出抑制と処理の適正化により、生活環境の保全と公衆衛生の向上を図ることを目的とした法律である。廃棄物処理法、廃掃法と略される。最終改正は平成20年5月2日法律第28号。 1900年に伝染病の蔓延を防ぐために制定された汚物掃除法が元となっており、このときに、ごみ収集が市町村の事務として位置付けられている。当時は公安管轄の法律であり規制と罰則を中心とした内容であった。1954年に清掃法に改正された。 1960年代になると、経済の高度成長に伴って、大量消費、大量廃棄によるごみ問題が顕在化した。また、ごみ焼却場自体が公害発生源として、問題となってきた。1970年の公害国会において、清掃法を全面的に改める形で、廃棄物の処理及び清掃に関する法律が成立した。1976年には改正され、「措置命令規定の創設」、「再委託の禁止」、「処理記録の保存」、「敷地内埋立禁止」などが定められた。