「はいきゅう」とは?

言葉 詳細
排球

概要 (Wikipediaから引用)

『バレーボール』より : バレーボール(英: volleyball)は、ネット越しにボールを打ち合う球技である。1チーム6人、または9人で行われる。9人制は主に「ママさんバレー」として日本では行われているが、世界的には普及しておらず、国際試合は6人制で行われている。6人制では1セット25点(5セットマッチ/5セット目は15点まで)で行われる。日本語や漢字圏では排球(はいきゅう)と訳されている。 バレーボールは、テニスをヒントに、女性や子供が気軽に楽しめるレクリエーションとして1895年2月9日、アメリカ合衆国でウィリアム・G・モーガンによって考案された。このころのルールは非常に単純で、試合に集まった人たちを同じ数の2チームに分けて、ボールを打ち合い、ボールを落としたほうが負けというものであった。 この頃は相手コートに返す際の回数は決まっていなかった。 1896年、モーガンはこの新ゲームをスプリングフィールドで開催されたYMCA体育指導者会議の際に公開した。モーガンは当初このゲームをミントネット(Mintonette)と名付けたが、後にハルステッド(YMCAトレーニングスクール教官)の提案を受け、名称をバレー・ボール(ボレー・ボール、volley ball)に改めた。

配給

概要 (Wikipediaから引用)

配給車(はいきゅうしゃ)とは、鉄道車両の種類の一つ。主に車両工場と車両基地との間で、車両などの保守部品を配送するために使用される事業用車両である。 日本国有鉄道(国鉄)での、車両記号は「ル」(部品をクバルことから)。この記号は、1953年(昭和28年)6月1日の車両形式称号規程改正により制定されたもので、それ以前から配給(保守部品の輸送のことで、国鉄内部の用語で「配給を受ける」と呼んでいた)用途に使用される事業用車両は存在しており、職用車「ヤ」に包含されていたものを独立させたものである。 国鉄(JR)だけではなく、私鉄の一部でも使われていたことがあったが、道路事情の改善やダイヤの過密化などによって次第にトラックなど自動車輸送に切り替えられたことにより、現在では JR の一部で、有蓋貨車による代用車(車両記号の変更はなし)も含め、少数が使用されるのみとなっている。

廃休

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。