「はいご」とは?

言葉 詳細
廃語

概要 (Wikipediaから引用)

『死語』より : 廃語(はいご)は、昔はよく使われたが、現在はまったく使用されなくなった語彙である。 死語(しご)、とも言うが、言語学で死語といえば、その言語自体が母語として全く使用されなくなったことを意味する。また、単に「○○は今は存在しない」という意味で(語彙としては現役でも)「○○は死語である」と言うこともある。 日常生活における意味 日常生活における死語とは、かつて使われていた単語や言い回しで、今は使われなくなったものをいう。赤紙、銃後、女子挺身隊のような歴史的事象、洗濯板、日光写真のような生活上の道具、おもちゃで今ではもう見かけることのなくなったものなど、言葉が指し示す対象そのものが現在では使われなくなれば、言葉も使われなくなって廃れていくこともある。また、ある単語や言い回しが別の語に置き換わったために、元の単語が使われなくなっていく場合もあり、例えば写真機、幻灯機のようにカタカナ表記の外来語で置き換えられたものや、外来語でもエゲレス→(イギリス)など時代と共に表記が変わったものは死語となっている。

背後

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。