「はいさ」とは?

言葉 詳細
羽井佐

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

排す

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

配す

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

はいす

概要 (Wikipediaから引用)

はいすくーる落書(はいすくーるらくがき)とは、TBS系列で金曜21:00枠で放送された斉藤由貴主演のテレビドラマ。 略称:はい落(はいらく)。 放送は1989年1月6日から3月24日。2月24日は昭和天皇の大喪の礼(葬儀)のため休止された。全11回。1989年12月29日にはスペシャル版も放映された。このレギュラー版とスペシャル版を合わせて、シリーズパート1と称される。翌年7月から9月には同じ斉藤由貴主演でシリーズパート2が放送された。パート1とパート2には、ストーリー上の関連はない。本稿では「シリーズパート1」について記述する。 原作は当時現役の高校教師だった多賀たかこ著の同名エッセイ(よみは「はいすくーるらくしょ」)。朝日ジャーナルノンフィクション大賞受賞作。原作では群馬県立赤城農林高校(仮名、モデルは群馬県立勢多農林高等学校)という農業高校が舞台だったが、ドラマでは工業高校に変えられた。原作は女子進学校から転任してきた女性教師が、のどかな中で問題行動に走る高校生気質と、普通科よりもランクが低い、学力困難と見なされる農業高校での日々を綴ったもの。