「ばい」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

倍(ばい)は、数学上の概念であるが、その定義は東洋数学と西洋数学では異なっている。 東洋…(いずれも 0 でない)自然数 m と n に対して、m に同一量m を n 個分加えた数(「m×(n+1)」を求める)。 西洋…(いずれも 0 でない)自然数 m と n に対して、m を n 個分加えた数(「m×n」を求める、即ち乗法である)。 日本における定義・用法 日本では、江戸時代以前においては東洋数学の定義が用いられてきた(例えば、「一倍」とは今日で言うところの2倍に該当する。また同じく「半倍」とは、今日で言うところの1.5倍に該当する)が、近代以後に西洋数字が用いられるようになるとその意味合いも変化して、今日のように乗法を指すようになった。 1875年(明治8年)12月2日に出された太政官布告第183号において、こうした倍表示が禁止されるに至った。 もっとも、こうした理解には異説がある。養老律令の雑令に記された出挙の利息制限について記された「一倍」は現在と同じ1倍(=100%)を指しており、『法曹至要抄』(中巻87条)や鎌倉幕府の追加法でもこれを踏襲している。

ばい

概要 (Wikipediaから引用)

『雑菌』より : 雑菌(ざっきん)とは、日常生活や生物学研究、産業としての発酵(醸造/発酵食品生産の場)などの場において、人間の意図に反して増殖した微生物(特に有害な細菌や菌類)の総称である。これらは通常、環境に普遍的に存在する微生物に由来するため、これらの環境微生物のことを指す一般的な名称として用いられる場合もあり、この場合はウイルス(ビールス)や細菌、菌類全般を意味する黴菌(ばいきん)とほぼ同義に用いられる。 雑菌というのは、特定の微生物を話の対象にしたときに、それ以外の菌類、細菌類、あるいはそれに類する微生物を総称して言う呼称である。特に、対象の微生物を扱う場合に邪魔になるものを指して言うことが多い。したがって、何を扱うかによってその対象は異なる。ある細菌を扱う細菌学者にとっては、それ以外の細菌と菌類はすべて雑菌であるし、発酵を扱う業者にとっては、発酵の過程で余計な反応を起こすような微生物がそれに当たる。病理学者にとっては、目指す病気の病原体を探すときに、その周りにいるそれ以外の細菌が雑菌である。

バイ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

×

概要 (Wikipediaから引用)

×は、記号の一つ。読み方は「かける」「ばつ」「ぺけ」「ばってん」「ちょめ」「クロス」「バイ」など。読み物等を音読する上では「スラー」と読むこともある。 代用として、ラテン文字の「x」や「X」が使われることもある。例えば、寸法表記の「100cm x 100cm」など。 形が似た記号に「✗」(Ballot X, X mark, cross)があるが、日本語では「×」と「✗」を使い分けず共に「×」を使うことが多い。なお欧米では「×」に否定の意味はなく、その意味では「✗」を使う。 文字実体参照は「×」。TeXでは「\times」。timesは「かける」を意味する英語である。 用法 積 「かける」と読むが、複数の乗算を区別する必要があるときは「クロス」と読む。 対応する和には「+」が使われる。 数値どうしの積。初等数学で使われ、中等数学以降では同じ意味で「∙」が使われる。 ベクトルのクロス積(外積)。ドット積(内積)には「∙」を使う。 集合の直積。共通部分には「∩」を使う。 縦×横、幅×高さ、幅×高さ×奥行き、縦×横×高さなどで、寸法を表す。