「ばいえん」とは?

言葉 詳細
梅園

概要 (Wikipediaから引用)

梅園村(うめそのむら)は、埼玉県入間郡に存在した村。 現在の越生梅林が在る所であり、これにちなむ村名とした。 地理 現在の越生町の西部に位置し、越辺川の最上流部の谷に添う村である。越生梅林の他、黒山鉱泉、黒山三滝がある。 山:高取山、大高取山、越上山、顔振(ごおぶり)峠、飯盛峠 現在の越生町津久根、上谷(かみやつ)、堂山、小杉、大満(だいま)、龍ヶ谷(たつがや)、黒山、麦原がほぼ旧村域にあたる。 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、津久根村、上谷村、堂山村、小杉村、大満村、龍ヶ谷村、黒山村、麦原村(比企郡)の8か村が合併し、梅園村が成立。 1955年(昭和30年)2月11日 - 越生町に編入される。 関連項目 埼玉県の廃止市町村一覧。

煤煙

概要 (Wikipediaから引用)

煤煙(ばいえん)とは、石炭など物の燃焼に伴って発生する煙と煤(すす)のことである。特に不完全燃焼によって発生する大気汚染物質のことを指す。「煤」が当用漢字外の字であるため、法令ではばい煙と書かれる。 大気汚染防止法では、「物の燃焼等に伴い発生する硫黄酸化物、ばいじん、有害物質(カドミウム、塩素及び塩化水素、フッ素、フッ化水素及びフッ化ケイ素、鉛及びその化合物、窒素酸化物、その他政令で定める物質)」のことを煤煙と定義し、粉塵や自動車排出ガスと共に規制している。 関連項目 粒子状物質 - 浮遊粒子状物質。

ばい煙

概要 (Wikipediaから引用)

『煤煙』より : 煤煙(ばいえん)とは、石炭など物の燃焼に伴って発生する煙と煤(すす)のことである。特に不完全燃焼によって発生する大気汚染物質のことを指す。「煤」が当用漢字外の字であるため、法令ではばい煙と書かれる。 大気汚染防止法では、「物の燃焼等に伴い発生する硫黄酸化物、ばいじん、有害物質(カドミウム、塩素及び塩化水素、フッ素、フッ化水素及びフッ化ケイ素、鉛及びその化合物、窒素酸化物、その他政令で定める物質)」のことを煤煙と定義し、粉塵や自動車排出ガスと共に規制している。 関連項目 粒子状物質 - 浮遊粒子状物質。