「ばいか」とは?

言葉 詳細
梅花

概要 (Wikipediaから引用)

梅花堂薬品株式会社(ばいかどうやくひん)は、高知県高知市に本社を置く、医薬品卸売業をしていた企業である。大正時代からの「桂会」のメンバーで高知県の薬種商の老舗であった。現在は東邦薬品グループの一社「幸燿」である。 代表取締役社長 鶴見宗昭 代表取締役会長 正木応男 塩野義製薬 正木淳太郎 正木応男 明治17年「正木梅花堂薬輔」を創業 昭和21年11月 「正木梅花堂薬局・卸部」を分離して資本金200万円で「梅花堂薬品株式会社」創業 昭和38年6月東京都に「大鵬薬品工業株式会社」(大塚製薬と全国の主要卸業者が出資して設立された企業である)設立。高知地区独占販売契約を締結。大鵬薬品は1県1社代理店制度を採用する 平成14年4月 オオモリ薬品四国株式会社・讃岐薬品株式会社と合併し「株式会社幸燿」と商号変更

梅香

概要 (Wikipediaから引用)

梅香トンネル(ばいこうトンネル)は、茨城県水戸市中心街の下を横断する国道349号のトンネル。 起点: 茨城県水戸市金町1丁目665番1地先(国道349号分岐) 終点: 茨城県水戸市梅香2丁目747番33地先 全長: 607m 幅員: 車道7.5m(2車線)、自歩道3m 総事業費: 約62億円 1998年(平成10年)12月:着工。 2002年(平成14年)2月28日:梅香トンネルの道路区域が決定する。 2002年(平成14年)3月26日:開通。 2003年(平成15年)1月23日:道路区域が変更され管理覚書が締結される。 その他 ライフラインのすぐ下の軟弱地を掘り進めた、世界屈指の難工事と言われるトンネルである。 水戸市の中心街を抜けるバイパス道路として利用されている。 梅香トンネルの開通により周辺交差点での渋滞が緩和されたほか、万代橋から本郷橋間の所要時間が約5分と3分の1に短縮されている。

売価

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

買価

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

倍加

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。