「ばいぎょく」とは?

言葉 詳細
梅玉

概要 (Wikipediaから引用)

『中村梅玉』より : 中村梅玉(なかむら ばいぎょく)は歌舞伎役者の名跡。屋号は高砂屋。定紋は祇園守、替紋は祇園銀杏。 解説 「梅玉」は三代目中村歌右衛門の俳名に由来する。「中村福助」の名跡が東西に分裂したのち、大阪の高砂屋三代目福助は「中村歌右衛門」を襲名するわけにもゆかないことから、三代目歌右衛門の俳名「梅玉」を名跡として独立させ、これを二代目として名乗った。 1948年(昭和23年)に三代目梅玉が死去し、1969年(昭和44年) にその養子・高砂屋五代目福助が死去すると、高砂屋では家系が途絶えたため遺族が「福助」の名跡を成駒屋に返上することを申し出た。 これをうけて六代目中村歌右衛門は、養子の二代目加賀屋福之助をいったん成駒屋の八代目中村福助としたうえで、1992年(平成4年)にこれを高砂屋の四代目中村梅玉とし、ここに100年以上にわたって分裂していた「中村福助」の名跡は「中村梅玉」の名跡と共に統合されることになった。