「ばいごう」とは?

言葉 詳細
梅郷

概要 (Wikipediaから引用)

梅郷駅(うめさとえき)は、千葉県野田市山崎にある東武鉄道野田線(東武アーバンパークライン)の駅である。駅番号はTD 18。 1911年(明治44年)5月9日 - 千葉県東葛飾郡梅郷村山崎1892番地に開業。 2007年(平成19年)5月31日 - 新駅舎使用開始。 2008年(平成20年)10月10日 - 東口駅前広場開設。 2011年(平成23年)4月 - 野田市方へ部分複線化(構内扱い)。 駅構造 相対式ホーム2面2線を有する地上駅。橋上駅舎を持ち、東西の各出口は自由通路で連絡している。コンコースと各出口・ホームとの間をそれぞれ連絡するエスカレーターとエレベーターが設置されている。トイレは改札を入ってすぐ右側にあり、多目的トイレも設置されている。 2011年(平成23年)4月より、野田市駅側へ部分複線化が完成し、一部の列車は上下列車の到着を待たずに列車交換が可能になった。この部分複線は、当駅の構内扱いであり、南桜井駅でも同じ方式で列車交換が行われている。 のりば 利用状況 2014年度の1日平均乗降人員は16,485人である。