「ばいしゅん」とは?

言葉 詳細
買春

概要 (Wikipediaから引用)

『売春』より : 売春(ばいしゅん)とは、対価を得る目的の性交である。「春(情愛の比喩)を売る」ためにそう呼ばれる。対価を得る側の性別は問わない。 名称・定義 売春を仕事として従事する女性を娼婦、売春婦などという。男性については男娼の呼び名が使われることが多い。 なお、対義語の「買春」は「ばいしゅん」というのが元来の読みであるが、「売春」との区別が音韻上付かないので、音韻区別する為に「かいしゅん」と読むことが多い。両方を含めて『売買春』(ばいばいしゅん)と呼ぶ。 日本の法令における定義 日本の売春防止法では、『「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交すること』と定義されている。 売春の要件に『不特定の相手方』とされていることから、『対償を受け、又は受ける約束』をして性交を行った場合であっても、それが特定の相手であるならば、売春とはならない(愛人や恋人等)。 個人が行う売春以外に、風俗店など組織的に行われるものは「管理売春」と呼ばれ区別される。 ソーラ・サイモンは自身の論文で「売春 英: prostitution」と、日本のマスメディアに1980年代から1990年代にかけて現れだした「援助交際 英: compensated dating」は区別されることが多いが、実態は近いとしている。

売春

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。