「ばいしょう」とは?

言葉 詳細
売笑

概要 (Wikipediaから引用)

『売春』より : 売春(ばいしゅん)とは、対価を得る目的の性交である。「春(情愛の比喩)を売る」ためにそう呼ばれる。対価を得る側の性別は問わない。 名称・定義 売春を仕事として従事する女性を娼婦、売春婦などという。男性については男娼の呼び名が使われることが多い。 なお、対義語の「買春」は「ばいしゅん」というのが元来の読みであるが、「売春」との区別が音韻上付かないので、音韻区別する為に「かいしゅん」と読むことが多い。両方を含めて『売買春』(ばいばいしゅん)と呼ぶ。 日本の法令における定義 日本の売春防止法では、『「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交すること』と定義されている。 売春の要件に『不特定の相手方』とされていることから、『対償を受け、又は受ける約束』をして性交を行った場合であっても、それが特定の相手であるならば、売春とはならない(愛人や恋人等)。 個人が行う売春以外に、風俗店など組織的に行われるものは「管理売春」と呼ばれ区別される。 ソーラ・サイモンは自身の論文で「売春 英: prostitution」と、日本のマスメディアに1980年代から1990年代にかけて現れだした「援助交際 英: compensated dating」は区別されることが多いが、実態は近いとしている。

賠償

概要 (Wikipediaから引用)

損害賠償(そんがいばいしょう)とは、主に民法や民事紛争における法律用語である。違法な行為により損害を受けた者(将来受けるはずだった利益を失った場合を含む)に対して、その原因を作った者が損害の埋め合わせをすること。適法な行為による損害の埋め合わせをする損失補償とは区別される。または埋め合わせとして交付される金銭または物品そのものを指すこともある。 近代以降の法律においては民事紛争と刑事紛争とが峻別されるようになり、また、人権意識も向上したため、金銭賠償が原則とされるようになってきている。 損害賠償制度の目的としては損害の補填と将来の違法行為の抑止などが挙げられる。 民法上の損害賠償 この節で、民法は条数のみ記載する。民法上の損害賠償は大きく債務不履行に基づく損害賠償(415条以下)と不法行為に基づく損害賠償(709条以下)の二つに分けられる。財産的損害、精神的損害ともに因果関係があれば請求でき,積極的損害、消極的損害ともに賠償の対象となる。なお、精神的な損害に対する賠償については、慰謝料(いしゃりょう、慰藉料とも)と称される。