「ばいせいど」とは?

言葉 詳細
倍精度

概要 (Wikipediaから引用)

倍精度浮動小数点数(ばいせいどふどうしょうすうてんすう、Double precision floating point number)は、64ビットの浮動小数点数表現である。 「倍」精度と言うのは、単精度に対してそのように言うわけだが、これは32ビットを1ワードとする32ビットアーキテクチャを基にしている。 昔のFORTRANでは、単精度(REAL型)よりも精度が高ければ倍精度を名乗ることができた(そもそもワードの長さも浮動小数点のフォーマットも機種ごとにまちまちだった)。IBMのSystem/360で採用され大型機の事実上の標準となった、指数の基数が16の浮動小数点形式は、32ビット単精度では最悪の場合の精度が十進で6桁程度となり、技術計算では倍精度以上を使わねばならないという問題があった。 (注:FORTRAN言語は,標準の整数型が1ワードを占め,実数型(=単精度型)が同じく1ワードを占め、倍精度実数型は2ワードを占めることを前提にしている。