「ぱい」とは?

言葉 詳細
パイ

概要 (Wikipediaから引用)

パイ(英: Pie、独: die Pastete, der Blätterteig、仏: Tarte, Tourte)は、小麦粉とバターなどから作った生地(パイ生地)に、甘く煮た果実類や、ナッツ類、肉類その他を包み込むなどして、オーブンで焼き上げた料理あるいは菓子。バターの代わりにショートニングやラードを用いることもあり、卵や砂糖を入れる場合もある。 なお、パイ生地を用いないパイや、食品としての使用目的以外に作られるパイも存在する(後述)。 由来 原型として、古代エジプトの「ウテン・ト」や中近東の「バクラバ」が挙げられ、現代のパイの発案者として、クロード・ロランとコンデ侯爵家のフィユ(Feuillet)の2説がある。 オックスフォード英語辞典によれば、パイに関する最初の記録は1303年、ヨークシャーのボルトン修道院の出納帳であるという。イギリスでの初期のパイはベイクド・ミート・パイのようなパイ包み焼き料理だった。原始的なかまどでの長時間の炙り焼きに耐えられる容器として、パイ皮は非常に厚く硬く作られ、食用には適さなかった。

概要 (Wikipediaから引用)

牌(はい、パイ)は、札(ふだ)、看板等の意味。 以下のようなゲームで使う札。 麻雀牌 ポンジャン ドミノ カルタ(骨牌) 広将棋の駒の種類 位牌 盾。特に、古代中国のある種のもの。

Π

概要 (Wikipediaから引用)

Π, π(パイ、ピ、ピー、希: πι / πῖ, 英: pi)はギリシア文字の一つで、伝統的な配列では、その第16番目に置かれる。古典ギリシア語ではピー、現代ギリシア語ではピと発音されるが、日本では英語式発音に倣ってパイと呼び習わされている。 ラテン文字の P に相当する。また、キリル文字の П はこの文字に倣ったものである。 音価 通常 [p] 音を表す。また現代ギリシア語で μπ の組み合わせは /b/ (語頭において)または /mb/ (その他の場所において)を表す。 記号としての用法 一般に小文字で書いて円周率を表す。「周囲」を表すギリシャ語 περιφέρεια(periphéreia ペリフェレイア)の頭文字を取ったものである。 基点付き空間 (X, x) の n 次ホモトピー群を πn(X, x) と表す。 数学で、大文字で用いて集合族の直積や数列の積 (product) を表す。 例: \prod_{i=1}^n a_i =a_1 \times a_{2} \times \cdots \times a_n 数学で、π(N) のように書いて、素数計数関数を表し、N 以下の素数の個数を示す。