「ぱいぷ」とは?

言葉 詳細
パイプ

概要 (Wikipediaから引用)

パイプ (Pipe) とは、液体や気体または粉体などの流体を連続的に輸送するのに用いられる管である。 パイプは、主に液体や空気といった流体を輸送するためのものであるが、流体的な性質を持つのであれば粉末のような固体を輸送する用途にも使われる。似た機能を持つホースとは違い柔軟性が無く、ある程度常設(設備や構造として設置すること)的に利用されているものが「パイプ」と表現される傾向がある。なお一般にパイプというと断面径の細い物が想像されがちだが、パイプライン輸送設備のような極大なパイプによる輸送路も存在する。 配管 パイプが設備ないし構造として機器や水槽などと接続された状態や、そのように施工することは配管と呼ばれる。この配管においては、パイプは製造や輸送上の制約により決められた長さで流通しているため、その長さ以上の配管が必要なときや、曲部、分岐や異なる口径の接続を行うときは継手を用いて接続される。