「ぱいぷおるがん」とは?

言葉 詳細
パイプオルガン

概要 (Wikipediaから引用)

『オルガン』より : オルガン (organ) は、加圧した空気を鍵盤で選択したパイプに送ることで発音する鍵盤楽器であり、パイプオルガンとも呼ばれる。パイプオルガンに準じた鍵盤楽器である、リードオルガンや電子オルガンもオルガンの名で呼ばれる。 オルガンは、鍵盤で操作される管楽器である。多数のパイプを発音体として備える。1本のパイプに異なる音高を発生させることはなく、各パイプの音高は固定的であり、少なくとも鍵盤のすべての鍵に対応する数のパイプを持つ必要がある。また基準音高や音色の違うパイプ群を複数備えていることが多く、その場合ストップと呼ばれる機構によって、発音するパイプ群を選択できるようにしている。 パイプに機械的な仕組で一定の空気を流して発音するために、一般の管楽器に比べて強弱や音色の変化を微細に行うことはできない。そのため、例えばストラヴィンスキーは「呼吸をしない怪物」と酷評し、オルガンのための作品を全く書こうとしなかった。 安定して持続する音と、多彩な音色を持ち、これがオルガンならではの魅力となっている。