「ぱえと」とは?

言葉 詳細
パエト

概要 (Wikipediaから引用)

ファイル:Johann Liss 006.jpg right 250px thumb パエトンの墜落、ヨハン・リス(17世紀初め)パエトーン(Phaëton, Phaethon, ギリシア語:Φαέθων)は、ギリシア神話の登場人物。長母音を省略してパエトン、ファエトン、フェートンとも表記される。太陽神ヘーリオスの子とオーケアノスの娘クリュメネーの子で、ヘーリアデスと兄弟とされるが、アポローンがヘーリオスと混同されている場合アポローンの子ともされる。パエトーンは、友人のエパポス達から「ヘーリオスの子ではない」と言われたため、自分が太陽神の息子であることを証明しようと、父に願って太陽のチャリオット 戦車を操縦した。しかし、御すのが難しい太陽の戦車はたちまち軌道 (力学) 軌道をはずれ、大地を焼いたためゼウスによって雷を打たれ、最期を迎えた。この時あまりにも地上に近づきすぎたので、火災を逃れた地域(アフリカ)の民族は肌の色が黒くなったと言われている。また、砂漠が数多く作られたため、ナイル川も砂漠の中を流れるようになった、とされる。