「ぱくり」とは?

言葉 詳細
ぱくり

概要 (Wikipediaから引用)

『盗作』より : ぱくりとは、大きな口をあけてものを食べるさまを示す言葉。転じて盗むという意味にも用いられている。動詞形ではぱくるとなり以下のような意味を持つ。一部で「捕縛する」の変形が語源とされているが、三省堂の大辞林第二版によれば、ぱくりの動詞形が語源とされる。以下は大辞林での意味。 大きく口を開けて食べる。 商品や手形などをだましとる。 - ぱくり屋という手形専門の詐欺師の呼び名がある。 主に受身で、捕まえる、逮捕されること。テレビドラマなどでも逮捕される=ぱくられるといった用いられ方がされていたが、近年では、盗むという意味で転用され、テレビのバラエティ番組において芸人などが用い、より広範な意味で使用されている。以下は広範な用法(辞書等の記載にはばらつきがあるもの)。 盗むこと、万引きなどの隠語(マンガをぱくった、など。本来は窃盗、盗む)。 借りたまま返さないこと(借りぱくなど。本来は踏み倒し、詐欺)。 既存のものに似た作品やネタを作ること、あるいは極めて似た作品やネタを発表すること(ネタをぱくった、など。

ぱくる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。