「ぱけっと」とは?

言葉 詳細
パケット

概要 (Wikipediaから引用)

パケット (packet) とは、「小包」のことであるが、日本ではもっぱらパケット通信または蓄積交換(通信方式)における情報の伝送単位を指す。広義には単にある程度の大きさのデータのかたまりのこと。 主としてISOのOSI参照モデルではネットワーク層 (Layer 3)で使われる。 RFC 1122では、インターネットレイヤで使われる。 パケット単位で通信を行うことにより、ネットワークの帯域を連続して占有することがなくなって複数の端末からの送受信データを1本の信号線上に多重化出来る、データの一部が破損・喪失しても少ないコストで再送が可能になる、網状の通信路構成に適している、などの利点がある。 エンドシステム〜エンドシステム(2点)間の通信を行うための転送単位をパケットという。 通常、発信元と送信先のアドレスや、パケットの種類や通し番号等の制御情報とユーザデータを含む。 ひとつのパケットに含まれるデータ量は、通信方式により異なり、可変長と固定長がある。 送信する場合、上位層より受取ったデータが、この規定の長さより長い場合、データは複数個のパケットに分割され転送される。