「ひあそび」とは?

言葉 詳細
火遊び

概要 (Wikipediaから引用)

火遊び(ひあそび)とは、マッチやライターなどの発火具を使い、火(または炎や火花)などの美しさや面白さを楽しむ目的と、禁止されていることを行うスリルを楽しむという目的で行われる行為。ただし花火などを正しい利用方法に従って楽しむことは火遊びとは呼ばない。 火遊びは屋内外問わず行われ、その主体は好奇心の旺盛な子供であることが多い。 火遊びは火傷や火災などの原因となる非常に危険な行為であり、自分だけではなく周囲にも命の危険が及ぶ可能性がある。 子供の火遊びに対する啓発 日本では、ライターの火遊びによる子供の事故の防止について、消防庁・経済産業省を中心に啓発活動を行っている。ライターの注意書きや、幼稚園や保育園、小学校などで児童とともに保護者に向けても注意喚起している。 注意喚起の例 官公庁や各自治体では消費者庁の発表に基づき注意を促している。東京消防庁では下記のように注意を促している。 ライター等は、子供の目に触れない場所、かつ手の届かない場所で厳重に管理する。 子供だけを残しての外出は絶対にしないようにし、保護者等が在宅していても子供には常に注意を払う。