「ひあり」とは?

言葉 詳細
日明

概要 (Wikipediaから引用)

日明貿易(にちみんぼうえき)は、室町時代に日本が中国の明朝と行った貿易。貿易の際に、倭寇と区別し正式な遣明使船である事が確認できるよう勘合(勘合符)を使用したことから勘合貿易(かんごうぼうえき)とも呼ばれる。 室町幕府3代将軍の足利義満は、博多商人肥富より対明貿易が莫大な利益を生むことを聞いていた。義満は1401年(応永8年)に、肥富と僧祖阿を明へ遣明使として派遣し、彼らは翌年に明の国書を持ち帰国する。明使の在日中に靖難の変で永楽帝が即位すると、明は再び国書を送り、日本と明の間に国交と通商の合意が成立した。 1401年(応永8年)から1549年(天文18年)まで、19回に渡り交易が行われる。1404年(応永11年)以降は勘合符を所持した者に限られるようになり、1432年(永享4年)に宣徳条約で回数などが規定される。勘合には「日字勘合」と「本字勘合」の2種類が存在した。制限貿易で、日本→明は「本字勘合」、明→日本は「日字勘合」が使用された。 公式の貿易が行われた他、博多や堺などの有力商人も同乗し、明政府によって必要な商品が北京にて買い上げられる公貿易や明政府の許可を得た商人・牙行との間で私貿易が行われていた。

日在

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。