「ひいかわ」とは?

言葉 詳細
樋井川

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

斐伊川

概要 (Wikipediaから引用)

斐伊川(ひいかわ)は、島根県東部および鳥取県西部を流れる一級水系斐伊川の本流。古事記にも肥河(ひのかわ)として記述が見られる。 地理 島根県仁多郡奥出雲町の船通山を源流とし、出雲平野から宍道湖へと流れ(河川整備計画等では宍道湖合流点より上流側の区間を斐伊川本川と称する)、宍道湖から大橋川・中海・境水道を経て、鳥取県境港市と島根県松江市の境界から日本海に注ぐ。斐伊川は上流部、中流部、下流部、湖部に分けられる。 斐伊川本川は天井川であり、日本における代表的な天井川として知られる。斐伊川本川河口部から境水道までは河床勾配も小さくなり水位差もほとんどない。斐伊川は水防警報河川であり、斐伊川本川は洪水予報河川、湖部は水位周知河川に指定されている。 なお、島根県飯石郡飯南町の女亀山を源流とする神戸川も斐伊川水系に属する。斐伊川と神戸川とは出雲平野に建設された斐伊川放水路(全長4.1km)で結ばれている。 古くから度々洪水が起こっており、これが八岐大蛇(やまたのおろち)伝説の元になったという説もある。